タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンジー インド デリー 2

続きです。

ここがガンジーの資料館(無料)です。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

すこしドキドキしながら入りました。
入り口はこんな感じです。
$タンポポライオンのブログ

私達以外誰もいませんでした。
ゆっくり見れるのでラッキーです!

妻はどうだか知らないけれど・・

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

こんな写真?が大きく貼ってあります。
カッコイイ><

これは「塩の行進」をモチーフにした物です。
英国に対し、インドの塩はインドの物だ!
と行進しました。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

とにかく沢山の部屋が有り、資料も膨大です。
「これは 見ごたえがある!」


ガンジーと言えば、「糸巻きをまわす姿」
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

これは実際に紡いだものなのでしょうか。
「インド人は インド産の服を着るべき」と
訴えた訳です。


実際に使っていた物です。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

インド人の係員が順路を間違えたので注意しに来ました。
「何処から見ようと勝手なのになぁ?」と思いましたが、
私の間違いだったようです。


順路の後半にの部屋には、
ガンジーが殺害された時の資料が沢山ありました。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

これはその時の血痕の付いたシーツ。
現場に居るような錯覚を覚えました。$タンポポライオンのブログ-Gandhi

3発のピストルの弾丸を撃ち込まれたとき、
ガンディーは自らの額に手を当てた。
これはイスラム教で「あなたを許す」という意味の動作である。

次の部屋には数枚の絵がありました。
中でもこれは意味の深い絵でした。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

庭に出るとこのようなものがあります。
下に見覚えのある「三猿」が書いてあります。
日光では有名ですが、インドには置物で沢山有りました。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

「う?ん 何故だろう・・まだ調べていません。」

少し歩くとガンジーの家のレプリカが有ります。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

私達以外居ないので、入っていいのか迷いました。

これはガンジーの寝室です。
$タンポポライオンのブログ-Gandhi

本当の富とは、

健康のことであり、

金や銀のことではない。(ガンディー)


糸巻きが見えます。
質素な部屋ですね。


ガンジーは西洋文化に頑なに反発しました。
「鉄道によって欲望が加速するため邪悪が広げられる」
「病院があるせいで体に注意を払わなくなる」
「望遠鏡など有るから 欲望が止まらない」

でも今こうして見ると正しかったようですね。
医療でお金を儲けるシステムは間違っています。
医療は、基本無料でなければいけなかったはず。

人間が生きるのに絶対必要な事を商売にしては
いけなかったのでしょう。
結果、モンサントや
ワクチンのような、恐ろしい物が出るのでしょう。

ガンジーについては キーワード「ガンジーの言葉」に
まとめて有ります。

「ガンジー」で検索すれば沢山の情報が見れますので、
あえて ここでは説明はしません。

今のこの時代にガンジーは 重要だと思います。


ガンジーの言葉から 
今まで紹介していない物も含め抜粋します。



束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。

悲しみがあるからこそ、高く舞い上がれるのだ。

逆境があるからこそ、私は走れるのだ。

涙があるからこそ、私は前へ進めるのだ。




怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である。

幸せになるためには何かをしていなくてはならない。




重要なのは行為そのものであって結果ではない。

行為が実を結ぶかどうかは、

自分ではどうなるものではなく生きているうちにわかるとも限らない。

だが、正しいと信じることを行いなさい。

結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。





私には世界に教えることは何もありません。

真実や非暴力はあの丘と同じくらい昔からあるのです。



もし、ただ一人の人間が最高の愛を成就するならば、

それは数百万の人々の憎しみを打ち消すに十分である。



後日 コルカタのマザーテレサの部屋についても
書きたいと思います。



戦争のない世界を願う 心のネットワーク

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

[Amebaグルっぽ]



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
  1. 2011/05/16(月) 17:44:23|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

ガンジー インド デリー 1

今回インド デリーに行ったのは、
ガンジーが居た場所を見るためでした。

私は他の観光地はどうでもよかったのです。

下はインドのお金ですが、もちろん!
ガンジーです。
(正式にはガンディーと発音します)

$タンポポライオンのブログ-ガンジー お金

ガンジーが暗殺された場所は大きな公園になっていました。
入場無料です。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

美しいサリーを着た女性が歩いていて、
景色も整備されて、心地よい所です。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

人はさほど歩いていませんでしたが、
インドの人達がガンジーを敬っているのが、
良く分かります。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

ここで皆、裸足になります。
他の観光地と違い、物乞いや、売りつけを
する人は居ませんでした。

花を買う売店だけです。



少し歩くと 人が集まっています。

あの場所が、ガンジーが暗殺された場所のようです。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

この火は ガンジーの死んだ日以来、
絶やさず燃えているらしいです。

私はガンジーの言葉を思い出しました。
$タンポポライオンのブログ-ガンジー

我々の信念は、

常に燃え続ける灯火でなければならない。

それは我らに光明を与えるだけでなく、

周囲をも照らしてくれる  (ガンディー)

$タンポポライオンのブログ-インド デリー

観光客は少なく、日本人は私達だけのようでした。
サリーを着て、芝の雑草を抜いている女性の
子供でしょうか、楽しそうに遊んでいました。

平和で気持ちのいい場所でした。

ここから少し離れた所にガンジーの資料館が
有るようでしたので、さっそく向かいました。



見たいと思う世界の変化に

あなた自身がなりなさい。(ガンディー)


この言葉を思い出していました。


続く。



戦争のない世界を願う 心のネットワーク

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

[Amebaグルっぽ]



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 2011/05/16(月) 16:43:14|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛について

「本当の強さ」「許すと言う事」と続けて書いてきましたが。


今日は、「愛について」

うぉっ、 こんなタイトル書いてしまった(^_^;)

「オマエに愛について語る資格はない!」と言われそうですが、
私は「求める自由は有る」と答えるでしょう。

取りあえず バックミュージックをどうぞ・・





みなさんも本気で愛について考えた事は無いのではないでしょうか。
私も殆ど有りません。

私がガンジーのうんちくを連日書いていた時に、
妻がいいブログを書いてくれました。
私は妻の意図するところが私には良く分かったのです。


愛にも色々な形が有ります。
昨日の妻のブログのように、第三者を介入させると、
その障害の為に、二人の愛は燃え上がるでしょう。

「でもそれでなんなの?」「それは愛か?」と疑問がでます。

私達が良く使う、「愛」は、個人的なもの グループ的なもの、
更に広範囲な物(人種など)と有りますが、
どうも何かが間違っている気がしますよね。

恋とか、好きとか、仲間みたいな物で、
ガンジーやマザーテレサの言う「愛」とはまるで違う、
薄っぺらな物にさえ感じてしまうのは、私だけでしょうか。

ここで懲りずにまたガンジーの名言です。



「もし、ただ一人の人間が最高の愛を成就するならば、

それは数百万の人々の憎しみを打ち消すに十分である。」



「最高の道徳とは

他人への奉仕

人類への愛のために働くことである。」byガンジー





ここでマザーテレサ乱入




「銃や砲弾が世界を支配していてはいけないのです。

世界を支配していいのは、愛なのです。」byマザーテレサ





さらに A・S・ニイルとタッチ。


「愛の反対は憎しみではない。
無関心である。

信頼の反対は傲慢ではない。
無関心である。

文化の反対は無知ではない。
無関心である。

芸術の反対は醜さではない。
無関心である。

和の反対は、平和と戦争に対する無関心である。
無関心が悪なのである。

無関心は精神の牢獄であり、我われの魂の辱めなのだ」byA・S・ニイル




凄い言葉の数々 恐れ入りますね・・

愛の反対語は無関心であると、マザーも言っています。

自分達の愛以外は、又は自分への愛以外は関係ない。
これは無関心ですよね。
そんなものは 「愛もどき」かもしれません。

私のブログの主旨は武器の撤廃と戦争反対です。
私はガンジーの「非暴力 非協力」が必要なんだと確信しています。
戦争はもうすぐそこです。

「本当の強さ」「許すと言う事」と書いてきて、
どうしても自信がないのが、目の前で家族を殺される時、
果たして許せるのか?
動物的な防衛本能に逆らえるのか?
生き残っても憎しみを持たず 報復もしないでいられるのか?

「聖人になんて なれっこないさ」と言う事です。



3発のピストルの弾丸を撃ち込まれたとき、
ガンディーは自らの額に手を当てた。
これはイスラム教で「あなたを許す」という意味の動作である。

信じられませんよね、まるでサムライのようです。



ガンジーやマザーテレサは何故、確信に満ちたように、
この様な言葉が言えたのだろうか?


ここにヒントが有りました。



「明日死ぬと思って生きなさい。

永遠に生きると思って学びなさい。」byガンジー


以前私は 輪廻転生を信じますか?と言う感じのブログを、
ガンジーの記事で書きました。
殆どの人が 「有るだろう」と答えています。
私も輪廻はあるだろうと書きました。
しかし、本当に生まれ変われるのか自信がないのです。

ガンジーやマザーは 輪廻を確信しているのだと思います。
この体は器にしか過ぎないと。
だから 「愛」の為に命を賭けろとまで言えるのだと思いました。

そして口をそろえて言うのが「愛に守られる」と言う事。

本当に守られるのでしょうか?
確信が持てませんが、信じたい。



心の飢餓 無関心が起こす罪や戦争。

私はここに、回避の方法があると考えます。
憎しみ、無関心が世界に連鎖するのならば、逆もまた真なり。
私達は愛の波動を拡げればいいのです。



書いてしまったものは仕方ないですが、実は

「愛」を語るなど、本当に恥ずかしい・・・

でも 愛とは 本当の愛とは何なのか。

真剣に考えて見るのもいいと思いませんか。

だって 考えた事無かったし。

皆さんは「愛」 どう考えますか?

私も多少は、思うところが有りますし、

出来れば一緒に考えたいし、意見が欲しいです。


でも、コメント難しそう・・・

やっぱり、無理にコメントはいいですから。


人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


  1. 2011/02/10(木) 18:23:11|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

許す事の難しさ ガンジー

 昨日の「本当の強さ」にたくさんのコメント有り難うございました。
 私ではなくて、ガンジーにコメントが来てたんですけどね(笑)

 その中で皆さんが共通して持っていらしたのが、

 器の大きな強い人間になりたい。
 許すと言う事は本当に難しい。
 と、言う事でした。

 私も同感です。

 「許す」と言う事を考えたりする時に、私はまず、極論を考えます。
 そして色々なパターンに当てはめてみるのです。

 蚊に刺された、これを殺さず許せるだろうか?
 相手に悪気は無い訳です。

 サルに噛まれました 許せるだろうか?

 殺人鬼に身内を殺されました。許せるだろうか?

 先のブログに乗せたような化学兵器、核兵器を使われて、
 国や、家族を焼かれた、許せるだろうか?


 私が何を書いても説得力は無いでしょう。
 何故ならまだまだ許せない事ばかりですから。
 なので、ガンジーの言葉を借りて想像を膨らませてみます。


$タンポポライオンのブログ-ガンジー


 「目には目をという考え方では、

 世界中の目をつぶしてしまうことになる。」byガンジー


>社会生活していても 大きな意味で戦争でも、
 報復をしては、悪循環になるだけ、これは分かります。
 憎しみで世界中が心を影にしてしまうと言う事でしょう。

 戦争はこれを利用して、起こされる仕組まれたゲーム。
 これを理解すれば、原爆を落とされたから、原爆を打ち返す事が
 どんな事なのかという極論で無意味なのが理解できます。

 「憎しみは何も生まない。」
 これは本当にそう思います。



 「罪を憎みなさい、罪人を愛しなさい」byガンジー


>罪を憎んで人を憎まず、と言います。
 罪は私達の中から連鎖的に生まれてくるのだと思います。
 罪は私達が作っていると言う事です。

 罪には理由が有るのでしょう。
 病的な社会 無関心 競争 負の歴史などの。
 許し愛す事でしか、解決方法がないのだ、
 と言う事だと理解出来ます。

 自分の子供なら、罪を犯しても、愛によって許せるでしょう。
 しかし他人は 殺してしまえ、と言う事になりますよね。
 不思議です。

 蛇に噛まれたら 世界中の蛇を殺して回らなければいけないのでしょうか?
 罪もないのに。



 「握り拳と握手はできない。」byガンジー



>相手が心を閉じたり、憎しみに捕らわれている状態では、
 仲直りする事は出来ない。
 お互いの事で、戦争の事を言っていると思います。
 戦争に限らず全てに当てはまる事でしょうけど。

 こちらが心を開いて飛び込んで理解しなければ、
 相手も心を開かない。
 「許す」とは本当に「強い心」と「知恵」が必要なんですね。 



 「非暴力は暴力よりも無限に優れているし、

 許すことは処罰するより遥かに男らしい。」byガンジー


>これは 前の記事とダブりますが、ガンジーの有名な「非暴力」
 相手の暴力に対して、まったくの無抵抗で対抗しました。
 殴られても 蹴られても 殺されても牛の群れのように進みました。

 しかしガンジーは 弱虫の逃げ道としてこれを使いません。
 死も恐れぬ無抵抗という、攻撃と言えるでしょう。
 その点で暴力よりもすぐれていると言っていると思います。
 奴隷ではない訳です。
 一歩も逃げてはいません。

 許す事は男らしい の「男らしい」は男に限った事でなく
 「器が大きい」と言う事だと思います。
 本当の意味の解決ならば、苦難の道を選ぶと言う事だと思います。



 「怒りは酸のようなもので、

 注ぐものにも増して、

 その器に大きな害を与える。」byガンジー


>怒りや憎しみ、恨み、これに捕らわれた事がある方
 は少なくないでしょう。
 私達の体は 蝕まれ、病気になり 人生を無意味な物にします。

 これには 本当に困ります。
 執着してしまうと、気が狂います。
 子供を殺された親が、犯人を殺してしまう。
 しかし 何の解決にもならず 負の連鎖だけが残る。

 しかし 当事者にとっては、
 許せ?とんでもない!! ふざけるな!ですよね。
 
 私にもこの気持ちは少し分かります。
 私も 悔しい経験は豊富ですので(笑)


 でも、ガンジーの言っている意味も分かるのです。

 子供の様な大人、 まるで信じられないほどの低い人格。
 それに対して、対等に戦う事は,
 その人物と同一線上、同化する事の様にも思えます。

 許すと言う事は、大変な事ですね。
 逃げるのではなく 弱虫でもない「許す」

 これは、「本当の優しさとは厳しさ」とも言えます。
 ただ闇雲に許すのは「逃げ」でしょう。
 暴力に対抗できないから 非暴力というのも、逃げだと、
 ガンジーは言うでしょう。

 自分からも相手からも逃げずに「許す」
 これには 強い心と 経験と知恵が必要ですよね。


 私がブログ始めた当初から仲良くしていただいています、
 魂のヒーラー☆R Jさんのブログにこんな動画が有りました。
 その詩は、本質をついているように思えます。
 私達が本当の強さを求める事は、大変な事だと思います。





1 成功をおさめる為に 神に力を願ったのに
  弱くなってしまった 謙遜を学ぶように
  偉大な事をする為に 神に健康を願ったのに
  病気になってしまった 神の心に適うように
  私の願いは何一つ 叶えられなかったけれど
  希望した全ての事を私は受けた

2 幸せになる為に 神に富を願ったのに
  貧しくなってしまった 生きる厳しさ知るように
  弱い人を助ける為に 神に権威を願ったのに
  無力になってしまった 神に頼ることを学ぶように
  神は私に必要な事 何もかも知っておられる 
  希望した全ての事を私は受けた

3 人に尊敬される為に 神に手柄を願ったのに
  だだ失敗に終わった 思い上がらないように
  聖なる人になる為に 神に徳を願ったのに
  罪の醜さに泣いた 神の愛の深さ悟るように
  私の姿は変わらない 弱く何も出来ないけれど 
  喜びに満ち溢れて私は歌う




人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


  1. 2011/02/09(水) 19:47:09|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

本当の強さ

今日はもう一つガンジーの好きな言葉を書きます。



「弱い者ほど相手を許すことができない。

許すということは、強さの証だ。」




強い人間になりたい、と誰でも思うけれど、
本当の強さとは?
力ではないんですよね。
人を許す事が出来る人間は、本当に強い心が必要だと思います。
憎んだ人を許す事は、とても辛い事ですよね。
自分との戦いと言えるかもしれません。
結果自分をも許す事になるのでしょう。

よく、器(うつわ)の大きさとか言いますが、
正にこれでしょう。


心の広い 器のでかい人になりたいな。
これこそ カッコイイ人、と言えるのではないでしょうかね。

人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ




  1. 2011/02/08(火) 20:08:46|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
次のページ

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。