タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イラン大統領「9.11は攻撃の口実だ!」

イラン大統領「9.11は攻撃の口実」

「日本に対しての核攻撃を非難」




イランは使用済み核燃料を打ち込まれています。

日本ではオカルトの部類に入っていて残念ですが、

中東では常識的に、世界の悪魔だと考えられているのでしょう。


パレスチナの国連参加問題、イスラエルとの衝突。

こうした事実をはっきり言える大統領が存在する事が、

世界にとって救いです。




「世界の正義はどこにあるのだ!」ベネズエラ チャベス大統領



これとは別な動画ですが、

チャベス氏は「ハイチの地震が地震兵器によるものだ」とも発言

しています。


どちらが正しいのか、

私は、その表情から感じる波動で判断します。



ps 中国のチベット問題、パレスチナ問題もそうですが、

  世界の警察?は儲からないと動かないようですね。

  リビアには「人道」とか言いながら喜んで参加するのに。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/16(日) 18:10:33|
  2. 侵略の歴史

戦争犯罪人って?侵略の歴史 2

おはようございます。

今日はベトナムについて出来るだけ簡単に書いていきます。

侵略戦争とういもの、代表がベトナム戦争にあると
        
私は思うのです。。



ベトナムの位置はこんな感じ、細長いですね。
$タンポポライオンのブログ-ベトナム タイ 地図
海に面しているので、交易等の利点が有ります。

・ベトナムと中国との戦いは1000年に及びました。
(前111年~)

日本と同じく戦いに明け暮れた民族と言えます。


・アヘン戦争 1840年~42年 清とイギリスの戦い
結局戦争に負けた清は南京条約を結び、
香港を割譲し多額の賠償金を払わされます。


・白人による侵略は世界中に広がり、
(日本も当然狙われていました。竜馬の時代です)

・ベトナムはフランスにより植民地化。
(ゴム園での強制労働を強いられる)

(欧米にはベトナムの持つアヘン 麻薬も魅力でした)

1847年フランス軍艦エロワースがダナンへ入港
ベトナムで逮捕され死刑宣告を受けた
フランス人宣教師5人の釈放を要求。

要求を受け入れて宣教師5人を釈放
しかし4月15日別のフランス軍艦グロワールと
ビクトリユーズがダナンへ入港し、
すでに釈放済みの宣教師5人の釈放を要求、
ダナン港に停泊中のベトナム軍艦を砲撃し5隻を撃沈。

(完全な言いがかりですね)

・フランスのベトナム統治 1887~

・漢字表記をローマ字表記へ。
・ 教育制度の変更。ベトナム独自の文化を否定。
・製造販売をフランスが独占、
・塩の専売権をフランスが独占。
・阿片の販売をフランスが独占。

ベトナム人は非常に苦しんでいました。


・1884年ベトナムは完全にフランスの植民地なります。


・1940年フランス本国はナチスドイツに降伏

・1940年 日本軍が進駐。

・ホーチミンは1941年ベトナム独立同盟設立(ベトミン)
国内からフランス軍と日本軍を追い出し、
ベトナムを独立させる運動を国内で起こす。


1945年8月15日ベトナムを占領していた日本軍が
連合国に無条件降伏。

8月16日ベトミンは総蜂起し9月2日に
ホーチミン主席がベトナム民主共和国の独立宣言を行います。
9月23日にはフランス軍がサイゴンを占領。

・フランスが再占領した為、戦闘が激化。

・1946年にはインドシナ戦争


・ここでアメリカが参戦してきます。





「ベトナム戦争」

中国 ソビエトがベトナムを支援して、
戦争は「主義」の戦いになってしまいます。

(資本主義国家対社会主義国家の構図)

・ケネディー暗殺

・1964年ジョンソン新大統領、

米軍駆逐艦マドックスと北ベトナムの哨戒艇がトンキン湾で交戦、
米軍は報復措置としてハノイへの航空機による爆撃

(注)このトンキン湾事件、またまた言いがかりでした。
   戦争するためには何でもあり、なんですよね・・)

1971年、ニューヨーク・タイムズの記者が
“ペンタゴン・ペーパーズ”と呼ばれる機密文書を入手。
トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったことを暴露 


・1965年米国のジョンソン大統領はベトナムへの
軍事介入をさらに強化。

ベトナム戦争は泥沼化

枯れ葉剤の散布、ナパーム弾など、
最悪とも言える攻撃を行い、ベトナムを焼き尽くしました。

$タンポポライオンのブログ-ベト ドクちゃん 枯れ葉剤



枯れ葉剤の影響で、奇形児などが生まれました。

森を利用したベトナム兵士は強く、

アメリカ軍戦死者の数は3万人を越します。

アメリカでは反戦運動が盛り上がります。


・1975年4月30日、ベトナム戦争は終結。






アメリカが、はじめて敗北した戦争であったわけですが、

充分に儲かった、戦争でした。

死亡した米兵士の体に、麻薬を詰めて輸入していたなど、

映画にもなっています。

麻薬の為の戦争という一面が拭いきれません。

そして、第2次大戦で膨れ上がった軍産複合体は、

その維持の為に、今もなお、

新たな戦争を探し続けなければいけないのです。


戦争犯罪人とは?

負けた国の事なのでしょうか。


前の記事に続きます
  1. 2011/09/05(月) 05:28:44|
  2. 侵略の歴史

戦争犯罪人って?侵略の歴史 1

長くなってしまったので、

この後の記事の追加記事になります。



アメリカ イラク 大量破壊兵器は有りませんでした。
(言いがかり)

アフガニスタン ビンラディンをかくまった。
(言いがかり)

911テロ 自作自演

1898年キューバに派遣された米戦艦メイン号、
ハバナ湾で突然爆発沈没。
250人の米国人乗組員が死亡。
米国政府は、それをスペイン軍からの砲撃のせいだと非難し、
スペインとの戦争に突入。
その結果、米国はキューバ、プエルトリコ、フィリピンを手中。

最近の海底調査で、メイン号はボイラー事故か
火薬庫の暴発で内側から爆発したことが判明。
(いいがかり)

1915年アイルランド沖を航行していたイギリス船籍客船
ルシタニア号がドイツのUボートから放たれた魚雷によって沈没。
アメリカ人128人含む1198人が犠牲となった。

ドイツの“野蛮な”攻撃に対してアメリカの世論は沸騰。

ルシタニア号は船倉に173トンの弾薬を積んでいた事が判明、
国際法に照らし合わせると攻撃を受けても仕方なかった。
しかしこれを隠ぺい。


日本の真珠湾攻撃(パールハーバー)については
何度も記事にしていますが、

前日に書いた記事の流れで、軍国化した日本を
まんまと誘い出して、(ハルノート)

アジアの占領など、充分に泳がせたあと、
悪の枢軸に仕立て上げて、日本からの解放という
名目で国々を全て取り上げていただいてしまう。

敗戦後の日本は、従属を言う形で発展しました。

日本がベトナムに原発を推進している事でも分かるように、
「手先」としての一面は拭えません。

アメリカの朝鮮での戦争で日本は、大儲けした事が
現在の発展につながった事も事実なのです。

日本の真の独立、これを実現させようと動けば、
友達?は突然牙をむくでしょう。

私は日本の独立を考える事より、
このお金の為に起こされる、バカげた戦争の事実を、
一人でも多くの人が知る事が大切だと思うのです。


戦争には参加してはいけない
  1. 2011/09/05(月) 05:27:32|
  2. 侵略の歴史

フィリピンと侵略の歴史

フィリピンについて 本当に簡単ですが書きます。

$タンポポライオンのブログ-フィリピン 地図

フィリピンは言わずと知れた、貧困の差が激しい国です。
警察はお金次第で動くと言われています、アジアでは多いですね。


何故貧困が生まれるのかというと、
フィリピンでは大地主による植民地政策が続いているからです。

19世紀にフィリピンを植民地支配していたスペインに利益をもたらすため、
サトウキビ、タバコなどの商品作物を栽培する大農場が作られた時から
大農場を所有する人々が、スペイン政府の代理としてフィリピンを支配する構造。


この構造は20世紀に入ってアメリカの植民地になってからも変わらず、
1946年に独立後も、24議席からなる上院議員や、歴代大統領の多くは、
この特権支配層と何らかのつながりを持った人々である。
国を支配しているのが農村の地主層であるため、貧困は都会より農村で厳しい。

以前「バスーラ」で書きましたが、ゴミ捨て場で生活する状況。

地主だけが裕福になり 小作人は食事もままならないのです。

フィリピン政府の調査、7800万人のフィリピン人のうち約40%が、
1日100円(0.75ドル)以下の収入で生活をしている。


フィリピンに進出している外国企業は同じ労働力を10分の1以下で雇える、
第一次産業でさえ先進国や富裕層に支配されている状態です。

もちろん日本企業も入っています。


基本的生活に必要な医療費や住居費、食費は収入に比べ高く、
病気になったら死ぬのを待つだけというのが実情です。

アキノ大統領の時に土地開放政策をとろうとしたものの
元々アキノ大統領もタルラックの大地主の娘なので親戚、
政界の意向を無視できず、法律は骨抜きになり、
ますます悪化してしまいました。


南部の人々は、マニラのフィリピン政府のことを
「アメリカの植民地政府」と呼ぶが、そう間違っていない。
独立はさせたものの、植民地である事は否定出来ないと思います。

またフィリピン軍はアメリカの支配下にあり、
言い方は悪いですが 従軍慰安国にされてしまっている現状が見えます。
街には女性をつれた、退役軍人が凄く多い。


簡単な歴史

肉の香辛料(コショウ)を求めマゼランが来ます。
また肉が絡むんですね。
大体 肉か麻薬が絡んでいます。

スペイン植民地になり300年以上に渡ってモロ戦争と
呼ばれる原住民の反乱が相次ぎました。
その悲惨は想像できますね。

オランダ連合東インド会社によるフィリピン攻撃
イギリス東インド会社によってマニラが占領。

そしてアメリカ合衆国植民地時代になります。

1941年12月8日に日本が米英に宣戦布告し太平洋戦争が勃発
南方作戦の一環として第14軍がフィリピンに上陸し、
1942年1月2日に日本軍はマニラを占領しました。

(2つ前のブログ参照 日本の領域)

アメリカ軍降伏後も、合衆国はマッカーサーに直属する
フィリピン人のユサフェ・ゲリラを組織して日本への抵抗を続けた。

日本は敗戦し、第二次世界大戦後 フィリピンは
徹底的な迫害が続けられ、親米政権が維持されることになったのです。

(日本も同じような物ですが・・)


したの動画は 親日の方のものです。
フィリピンから飛んでいった神風に敬意を持っているようです。

戦争ですから反日の方もいらしたでしょうが、
同じアジア人で 白人の侵略に対して戦った日本に友好的な人も
いたのでしょうね。

この動画は感動しました。
フィリピンで女性を買う日本人は沢山います。
あまり恥ずかしい事はしないで欲しいですね。



なるべく簡単に分かりやすく書いたつもりです。
ごちゃごちゃ書いても誰も読まないですからね(笑)
また他の国についても後日書きます。

 人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/02/28(月) 16:10:47|
  2. 侵略の歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

戦時中の領域

さて 戦時中日本がどの位の領域を持っていたか知る人は少ないと思います。
これは 全てが領土では有りません。
制圧して取った領域です。

$タンポポライオンのブログ

これから 少しずつ侵略されていった国の歴史を簡単に書こうと、
思っています。

欧米に侵略され続けたアジア国々 アフリカ。
日本も例外ではなく、その危機感からアジアの開放を理由に、
この様に領域を瞬く間に広げていきました。


軍部の暴走も領域拡大の理由の一つではありますが、
北はソビエトに怯え、アメリカにも怯えて、
化石燃料の確保 その他資源の確保が重要だったのと、
本国を守る為に朝鮮半島 満州は必須だったようです。
日本は結果、欧米支配の国も奪っていったのです。

しかし、日本は戦争屋に泳がされていたように思えます。

「取らせて取る」

西欧諸国の計画では、
日本はすでに4分割で各国が統治する事になっていました。

満州鉄道など、インフラ工事のような事をさせて、後で日本の領域も
分割統治する話し合いは進んでいたのでしょう。
(現在のレアメタルの中国の様ですね)

関連ワード 「 ハルノート 」検索


サムライの歴史を持つ、死も恐れぬ日本の軍隊は、
予想外に強すぎたので、
戦争屋 銀行屋の計画は、計画どうりに進まなかった。
これ程の抵抗が有るとは思っていなかったはずです。
「ちょろい」と侮っていたのだと思われます。

今の日本があるのは結果的に、命がけで戦ってくれた先人達のおかげ、
である事は間違いないでしょう。
そうでなければ、確実に他の国に分割されていたはずです。

アジアの侵略された国々の話をする時に、
途中で日本が関係するのです。
タイ フィリピンなどもそうです。
それで この画像を載せました。

しかし 広いですね。


キーワード「戦争」で何度か第2次世界大戦の事も書いています。
よければ 見てくださいね。

 人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
  1. 2011/02/26(土) 22:17:48|
  2. 侵略の歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。