タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妻です。永田洋子を思い出した朝。

今日の朝は、今年一番の寒波に覆われたように思います。棒人間・寒い

そんな朝に、テレビをつけると、麻木&山路&大桃の
不倫騒動の記者会見の模様が映し出されていました。
真剣に見入っていると夫がポツリと口を開きました、

「ねえ、学生運動や、連合赤軍事件の詳細について教えて」と

で、答えるのがメンドクサイから、疲れ
以前、私が読んだ本、永田洋子「十六の墓標」
と、坂口弘「続 あさま山荘1972」をすすめました。

「これ読めば、だいたい概要わかるよ。」
と、軽く答えたものの、寝そべる

ふと、この寒さで、あの山荘ベース事件を思い出しました。
きっと、あの残虐なリンチが起こった山荘の寒さは
こんなものでは、なかったのでは、ないかと。
窓の外は雪

以前、私は、私が生まれる前のこの事件に、非常に興味がありました。
その理由の、一つは私の父親が警察官僚であり、
若かりし頃、この事件にかかわりも持っていたこと、
もう一つは、同士12名をリンチ殺害した永田洋子が、
どうしても悪者には思えなかったこと。
この相反する状況と、私自身の感覚が、この事件を
大変興味深いものとさせたのです。

$タンポポライオンのブログ

そんな私では、ありますが、鼻息を荒く
本を読み漁ったものの
実際のところ、良くわからなかった!
が正直な感想でした。hate

ただ、わからないなりに感じたことは。
永田洋子が、出来るだけ正直に自分を「総括」しているのに、反して
他の男性「同士」は、全ての責任を永田に押し付けている、
そんな風にも思えました。

で、なぜ?あんな悲惨な事件が起きたか?

それも良くわからないなりの分析ですが、

なんのことはない。
彼らが若かった。
ヒヨコっこだった。
ひよこからでは、ないかと、私は思っています。

まず、日本の平和社会で育った、20歳そこそこの、
オトコが考えることは、
如何にしたら、オンナとHが出来るか!H

また、オンナが考えることは
如何にしたら、オトコにチヤホヤされ、
自分の価値の高さを、自分で実感でき、
また、それを他人に見せ付けることが出来るか、
ミレーヌ009-1

これが大部分を占めていると思います。

これは、どんな高い志や並以上の知能指数を持とうが
そうそう変わらないと、私は思っています。
(平和な日本に住んでいる限りはね)

で、そんなヒヨっ子、男女が、
何もない山小屋に集まったら、どうなるかは、
火を見るより明らかですね。

恋愛ごっこなり、スワッピングパーティーなりを
おっぱじめれば、よかったのです。全く何も問題なかったのです。

でも、彼らは違いました。

彼らは「戦士」として、「革命」を目指して、
「高い志と思想」の基に集結していたんですね四日市市民大作戦 戦

しかし、彼らの深層心理、彼らも気がつかない、心の底には
性欲やら、支配力やら、嫉妬心やら、独占力が蠢いており、
それを自制することは不可能になっていたに違いないと、
私は思います。
ある意味、これは若者として当然の心理ではない
でしょうか。

その証拠に仲間(同士)に、総括という名のリンチを加える
大義名分が「やれ、異性に色目を使った」だの、
「オンナとキスした」だの、全く、ヒヨっ子の言い分なんですね。

で、話しを現代社会に戻すと、今、ワイドショーで話題沸騰の

麻木さん、大桃さん、山路さん、このお三方は、

大人で確立した社会的地位がある方達です。

しかし、お三人の発言から出てくるものは、

不倫やら、密告やら、嘘やら、それぞれの人格を

疑わざるえないことばかりです。ゾゾゾ

まあ、私を含め、人間は、そんなもんだと思います。^-^;

自分を過大評価しちゃいけませんね。

自己の過大評価は視野を狭くする。

そんな気がするのです。
考える人

永田洋子は犯罪者です。

でも、同時に彼女は、無知で、未熟で、世間知らずで、

故に自分や自分の周囲を過大評価した、子供だった。

それだけのような気がするのです。

無知で愚かなオンナの子を煽った大人達や、

彼女を自分の性欲の捌け口にして、あげくのはてには、

全ての罪を彼女に着せようとする男どもに

罪はないのでしょうか?

この事件を、良く表現しているのが、

獄中自殺した時に森恒夫が

父親あてに書いた遺書にあると、私は思います。

僕はあなたの強い意志を学びとるべきだった。
強い意志のない正義感は薄っぺらなものになり、
変質したのである。

この遺書で解るとおり、彼にも「思想」や「志」など
何もなかったのです。
あたり前ですね。彼らは子供なのですから。
$タンポポライオンのブログ

私は「思想」を語る人間よりも、何も語らず、
黙々と労働をする、強い意志を
持った人間を尊敬します。

Merry Christmas!

May your Christmas wishes come true.

獄中の彼女にも送りたい。


PS 夫です。

今日は映画 ノルウェーの森を見てきました。
時代背景は 安保 学生運動の頃です。1960年代

突然ですが、永田洋子 山岳ベース事件 

知らない人の方が多いはずです。
特に若い方は 本や映画を見ていないと何の事か分かりませんね。

関連ワードを書いておきます。

山岳ベース事件 安保闘争 浅間山荘事件 三億円事件

動画検索で ANPO ←入り口としておススメ どれか検索すれば、

関連で出るはずです。


平和を考える事が 平和運動 主義 革命となると、

ある危険性が出てくるように思います。

環境保護団体 動物愛護団体 法人

お金 税金対策



人気ブログランキングへ



ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/25(土) 23:38:24|
  2. 妻の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<LOVE 歌詞 | ホーム | マイケル ヒール ザ ワールド>>

コメント

1 ■動物としての人間

はじめまして。
連合赤軍は私より少し上の世代のことなので
私も一時非常に関心を持って、本を読んだり映画を見たりしていました。
おっしゃるとおり、彼らは「こうあるべき」という教条や主義にとらわれて
自分の正直な動物的本能を否定してしまったんですね。
それはもう超極端に否定して、少しでも男や女の部分を出すと
「総括!」ですから。
どだい無理な話です。
もともとは労働者の理想社会を目指していたのに
革命を達成するためには、次元の低い?本能に左右されてはいけないと
機械のような戦士になることが自己目的化してしまって
攻撃性が内へ内へと、向かっていったのでしょうか。
学生運動が末期になり、目標を見失ってしまった集団の極端な結末ですね。
永田洋子の「美人でない女の嫉妬」を原因としている見方もありますが
それは、全くないとはいえませんがそれだけでは片づけられないと思います。
  1. 2010/12/26(日) 01:01:26 |
  2. URL |
  3. ハピー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■無題

ひょっとしたら、明治の文化&日本国民性の破壊や間違った帝王学や性の西洋化&変質の影響も色濃いかもですね

団塊のちょい上?世代ですし一番に影響を受けてた世代とおもいますから
  1. 2010/12/26(日) 01:45:49 |
  2. URL |
  3. 宇宙優泳 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■Re:動物としての人間

>ハピーさん
コメントありがとうございます。
「美人でない女の嫉妬」を原因としている見方もありますが
>私も、そんな単純な問題ではないように思えます。
私は、断じて共産主義者ではないです。
でも、すごく彼ら(彼女)らが、不憫に思える
のです。彼らは利用された、そんな風に感じて
しまうのです。
ハピーさん、これからも、いろいろと教えてください。
  1. 2010/12/26(日) 08:25:24 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■Re:無題

>宇宙優泳さん
コメントありがとうございます。
そうですね。間違ったこと、そして自らが
何ひとつ体験していないことを、鵜呑みにして、
彼らは走ってしまったのかも知れませんね。

この事件を境に、学生(若者)が政治を語ることは、だんだんなくなって行ったと聞いています。

私はこの事件について、書かれたものを
読むと、なぜだか涙が出るのです。
  1. 2010/12/26(日) 08:32:32 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■無題

不倫から赤軍を連想しちゃうのがすごい(笑)

ボクなんて不倫と聞いたら、あの、いつ見てもおんなじ髪型の純一石田しか浮かばないですから。
ボクもその事件には詳しくないですが
若いってセッ◎スしたくなる時期でもあるけど同時に、
世界って何でこんなザマなんだろう?って考えがちな時期でもあるんですよね。
逆に若くなかったらそんな事件起きなかったかもしれませんね。
  1. 2010/12/26(日) 14:51:17 |
  2. URL |
  3. しゃちょう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■おかえりなさい

>しゃちょうさん
お久しぶしです
そーですね。若いって、すごく感受性が多感で
吸収力もすごくある時期なんでしょうね。

だから、世の中の不条理とか、汚いものに対して、ものすごく嫌悪感を抱いちゃうんでしょうね。
自分は違う!と叫びたい気持ちになるのかも知れませんね。

しゃちょうさんが、お帰りだと、解ればもっと、
違うネタでお出迎えしたのになあ?。

アッチ系のネタ。(* ̄Oノ ̄*)
  1. 2010/12/26(日) 15:13:22 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■夫です。

まず この学生運動等を裏で支援 躍らせた
大人の存在。

アメリカの戦後支配に対して 反戦運動。
日本国民が手をつないだ最期の歴史事実です。
動画では みんな本当に楽しそうです。

ビートルズ来日 三億円事件(ローラー作戦)もこれに関係していると言う事も囁かれています。

この事件を良い機会として、学生運動 若者の政治への関心 共産勢力など、完全に封じ込めたように思えます。

あさま山荘事件は今も 家族で食い入りように見ました。
鉄球で山荘を破壊するシーンは衝撃的でした。
この事件は 日本中の人が見ていました。

警察に対して 発砲を許さず 人質の救出を優先 そして 犯人をすべて生け捕りにせよ、
という無謀とも思える命令が出されています。
結果 警官に死者が数名出ています。

何故 この様な命令が出たのか、せめて
狙撃はあっても良かったのではないか?

丸腰で放水 鉄球という苦肉の策で対応した、
その意図は、世論を味方にするという意味も有ったのではないか?

私は小学校卒業のアルバムの寄せ書きで、
小学校へのやり場の無い怒りも有ったでしょうが、天皇を批判し、赤軍がんばれ!なんて書いています。
他にも数名いました。

子供でしたので、深い意味はないのですが、
そういう時代背景が 無意識に書かせた物だと思っています。
  1. 2010/12/26(日) 15:27:01 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:夫です。

>タンポポライオンさん
コメントありがとうございます。
全ては森の父親宛の遺書が物語っていますね

「僕はあなたの強い意志を学びとるべきだった。
強い意志のない正義感は薄っぺらなものになり、変質したのである。」

おっしゃるとおり、彼らの、薄っぺらな正義感は、いろいろな大人達に、利用されたのだと思います。そして、大人達の想像を超えて暴走してしまった、という側面もあるように思えます。

・・・・明日、早いので、先に寝ますよ。
あしからず。
Zzz…(。-人-。)
  1. 2010/12/26(日) 22:52:20 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/389-a3c4f02f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。