タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脱官僚ってどうなのか

昨日、「頭良いと思ってる奴」で「脱官僚」について書きました。

コメントいただいたハピーさんのブログ
がこれについて記事を書いてくださいましたので、
全文掲載します。

以下「ハピーさんのブログ」から

タンポポライオンさんのブログ にも書かれていました。

小沢さんが主張する「脱官僚」ってどうなのか。



私は長年、小さな会社ながら官僚と仕事をしてきました。

そこで思った感想を書きます。



バブルもピークの頃、所長クラスの人と話をしていて

「日本は、いくら政治家がフラフラしていても、総理大臣が変わっても

国がしっかりしているのは、官僚組織がしっかりしているからなのだ」と言われました。

父母もよく言ってました。「総理大臣なんて誰がなっても一緒や、なにも変われへん」



官僚組織とは江戸時代から連綿と続くお城を中心とした公務員の組織。

江戸城が最高峰で、今も県庁所在地にはお城があります。

江戸時代は天皇家から承認をもらった将軍家がその組織を束ねていました。

昔から厳しい試験に合格してつける仕事です。

日本はその官僚組織が国を運営してきたから、戦後民主主義になったからと言っても

その組織があるままで、国会議員が降って湧いてきたようになっているから

議員は宙に浮いたようになってるんですね。



官僚組織の最高の地位は事務次官で、その上に各省の大臣がいて国会議員がなったりするけど

たいてい大臣は事務次官以下の官僚のいうままになっているようです。



私は事務次官クラスの方ともお仕事させてもらったことがありますが

私の知る限り、性格はとても優しくて、体力は抜群で、頭もとびきり回転が速い。

もうスーパーマンみたいな人なんです。

一般に言われているような、私利私欲に走るような人ではなかった。

一部にいるのかもしれません。でもみんながそうではありません。

大抵の方は、日本のために頑張ってる、そんな感じです。

組織ががっちりできあがっていて、首をすげ替える国会議員出の大臣がちょっとぐらい意見を言っても

「これはこうだから、こうなるんです」と軽くいなされて、意見が通らないことがほとんどではないでしょうか。

何百年の歴史を背負った強固な組織に、外からやってきた大臣が何を言っても

シロウトのたわごとになってしまいそうです。

小沢さんは、大臣になった時、そういった無力感を感じたのじゃないでしょうか。



この何百年もの組織は日本という国を維持するのにはやはり必要なものなのでしょう。

しかし、問題は何をするにもものすごく手間がかかることで

組織のよくないところを改めるのが非常に難しいということです。

一番重視されるのが「前例」です。「前例がない」ということで切られてしまうことが多い。

いつまでも変わらないというのはいい部分もあるけど、悪い部分もある。

官僚組織は不必要とはいえないけど、悪いところをなかなか改められない

フットワークが重すぎる、というのが大きな弱点だと思います。



また、公務員は自分達の世界に浸っていて、現実の世の中が見えてないんじゃないかとよく思いました。

何に価値を置くかというと、

「間違いや抜けのない書類を作成できる」

「失敗をしない」

「言われたことは素早くやる」

まさに、学校のペーパーテストと同じです。



「失敗をしない」ためにはどうすればいいのかというと、官僚の世界では「何もしない」ことなのです。

何もしなければ失敗もしませんから。

難しいポストに赴任させられても、赴任中できるだけ「何も起こりませんように」と考えている。

何もしない人が一番人事評価的に高得点をとれて早く出世できるっていうんだから

みんな何もしなくなりますよね。

でも、ほんとに上に上がっている人は、やっぱり新しいことを成功させるだけの遂行力がある人だと思います。



私の感想としては、小沢さんのいう「脱官僚」も一理あるということです。

脱官僚とは、官僚組織を失くしてしまうのではなく

もっと民意を反映した、風通しの良い、危機や変化に素早く対応できる組織に作り替えること。

どうすれば、みんなが選んだ国会議員の意見を行政に反映できるのかということです。

以上

私も含め 殆どの人が政治には無関心でしょう。
マスコミの言うがままに大騒ぎはしますが、
実際は何も知らないのが現状です。

分かりやすくこの様に説明してもらえると、
本当に助かりますよね。

ハピーさんのブログでは、
いつも凄く勉強させていただいています。
他の記事も興味深い物が多いので是非、見てくださいね。


分かりやすいと言えば、池上彰氏、休止するようですね。
圧力をかけられたのでなければ、いいのですが・・


人気ブログランキングへブログランキング


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/13(木) 20:43:11|
  2. 日々思う事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<水戸市 戦争の語り部 | ホーム | 賞味期限の恐怖>>

コメント

1 ■福田元総理と消費者庁

私は福田元総理を誤解してました。
マスコミに「私はあなたとは違うんです」と言い放ち、総理を無責任に降りてしまった・・・そう思っていました。
消費者庁、最近頑張っていますが、福田元総理が提案されて作られました。
下記は2008年1月18日の演説抜粋です。

国民に新たな活力を与え、生活の質を高めるために、これまでの生産者・供給者の立場からつくられた法律、制度、さらには行政や政治を国民本位のものに改めなければなりません。国民の安全と福利のために置かれた役所や公の機関が、時としてむしろ国民の害となっている例が続発しております。私は、このような姿を本来の形に戻すことに全力を傾注したいと思います。
  1. 2011/01/13(木) 21:28:09 |
  2. URL |
  3. コーゲヨーコ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:福田元総理と消費者庁

>コーゲヨーコさん

興味深いコメント有り難うございます。

実は政治家の中にも沢山素晴らしい事をした人がいるんですよね。

がしかし マスコミに取り上げられなかったり、
それがアメリカの意図する物と逆だった場合、
さんざんな非難を受けて辞めさせられているケースも多い事を、最近知ってきました。

政治家をバカにする前に、私達がしっかりするべきなのかもしれませんね。

有り難うございます。
  1. 2011/01/13(木) 21:39:56 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/432-14f47e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。