タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

僕たちの戦争

出張から帰ってまいりました。
ペタ コメントお返し出来ず、ごめんなさいm(._.)m

昨日今日といい天気でしたね。
大好きな富士山が沢山見れて嬉しかったです。
安物のっていうか タダでもらった携帯の画像です。
綺麗に取れない・・画素数が低いらしい・・

今日は足柄インターでも激しく朝から砲撃や機関銃の音が
こだましていました。
富士の演習は最近多いようです。

$タンポポライオンのブログ-富士山

昨日、主張に出かける前に、妻の本棚から、小説を持って行きました。

「僕たちの戦争」という本です。

ドラマ化されていたようですが、ちょうど忙しく見れなかったので、
本を読んでみたかったのです。

$タンポポライオンのブログ-僕たちの戦争

$タンポポライオンのブログ-僕たちの戦争

読み終わっての感想ですが、いい本です。
これは是非 おススメしたい一冊です。

読みやすさ 分かりやすさにも充分気を使っている文章で、
夢中になって読みました。

内容は 現代の日本にいる普通の若者と、特攻隊の若者、
うり二つのこの若者が同時にタイムスリップして、
時代を入れ違ってしまうと言う設定です。

戦闘機訓練中に2001年911テロの時代にタイムスリップした吾一は、
そして彼と入れ違いに過去へ飛んだ健太の代わりに、
生活を始める。
今の日本の状況を見て、その変わりように、おののき、怒り、
悲しむが、健太の彼女と恋人の生活を始める。

特に女性の服装などに対しての驚きや、
広告代理店を皇国代理と勘違いしたり、そのギャップは、
面白いが、現代の状況を昔の人の目線で鋭く描写し
風刺している。


一方現代に生きるサーファーの若者、健太が
いきなり戦時中の昭和19年に。
その目に映る その時代をとてもよく表現していて、
私達にも当時の軍隊や人々の生活が、
どんな感じだったのか理解できました。

現代の生活から徐々に戦時中の軍の生活にも慣れていき、
文子と言う女性に恋心を抱くようになる。
神風特攻隊になり、その後人間魚雷回天に乗り込み
出撃していく。

とにかく 読んでいただきたい本です。
本大好きな妻も、戦争小説では3位以内に入る!
と言っていました。

特に現代社会の反省する部分がよく見えましたし、
現代と戦時中 たった65年前の出来事。
何か内容の濃い 戦争と言うものについて
深く考えさせられる本でした。


$タンポポライオンのブログ-回天

「回天 人間魚雷」 起死回生 天を回す
その様な願いで名前をつけられました。
神風と同じ意味合いなのでしょう。
愛する者 国を守る為に沢山の若者が乗り込んでいきました。

$タンポポライオンのブログ-桜花

「桜花」これも特攻用に開発された物。
私達にはこんな狂った物、と感じますが、
「僕たちの戦争」を読めば、当時の状況が、少し
理解できる気がします。

本の中でも、戦争は机に座ったまま、戦いもせず、
死にもしない人達が勝手に作るもの、と言っています。

下は 最近上映されています、「出口のない海」

これも 本か映画を見てみようと思います。
「人間魚雷 回天」を題材にした物のようです。

$タンポポライオンのブログ-出口の無い海



私達は戦争について もっと知るべきだと思います。

2度と武器を手に取らないように、

そして戦争に参加しないように。

人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/04(金) 22:47:02|
  2. 妻の読んだ本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<断捨離(だんしゃり)ブームの陰謀 | ホーム | 宝くじが当たったら>>

コメント

1 ■無題

こんばんは。

出張お疲れ様でした。

「僕たちの戦争」は数年前にスペシャルドラマで放送されたのを観ました。

戦争中と現代のタイムスリップ系の作品、多いですよね。

昨年もスペシャルドラマで「歸國」(作/倉本聰、棟田博「サイパンから来た列車」をもとに)という作品がありました。

先日友人と話を色々する中で、もしも自分の息子が戦争に行かなければならないといった状況になったら、嫌だ、泣く、と言ってました。

私も、そして多くの人が同じ様に考えますよね…。

武器、持ちたくないし、子供達に持たせたくないです。
  1. 2011/02/05(土) 00:22:41 |
  2. URL |
  3. まつ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■お帰りなさい?☆

お疲れさまでした!


戦争体験者も減り、


経験してない私たちは

本や話や映画などでしか
知り得ないですね…

私は小さい頃

はだしのゲンを読んで育ちました。

アンネの日記や

アンクルトムや(戦争じゃないけど)

………


心が痛かった。


知ることは

大切ですねっっ!!


love☆
  1. 2011/02/05(土) 00:33:23 |
  2. URL |
  3. love #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■お疲れ様でした(o^∀^o)

この映画見ました!
私も小説は好きなのですがこの原本はまだ読んでいません。
…命をかけて国を守ろうとして亡くなっていった方々が、今の現代社会を見たら…器の小さな私なら、こんな風にするために命をかけたんじゃない!。。。と思ってしまいそうです(;_;)
原本読んでみたいと思います!!
  1. 2011/02/05(土) 06:08:10 |
  2. URL |
  3. ぴーる #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■回天

こんにちは 奥様によくコメントをいただいている者です。
生協で靖国神社ツァーを企画したことがあり、遊就館で初めて回天を見ました。一緒に行った小学3年生ぐらいの男の子が、とても怖かったと後で言っていたそうです。どういうものかわからなくても怖かったようです。
飛行機での自爆も怖いですが、息が詰まりそうで一層厭な気がしました。
 最近知ったのですがどうも陸軍より海軍(の上層部)のほうが一層悪質だったようです。
  1. 2011/02/05(土) 07:11:48 |
  2. URL |
  3. 放射線(電磁波)or化学物質が病因かも(katsuko) #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■Re:無題

>まつさん

歸國」(作/倉本聰、棟田博「サイパンから来た列車」

>これは知りませんでした。
調べてみます。

ドラマの方は見ていませんが、どうしても時間の関係と、残虐表現の件で大切な部分が抜けていたりしますよね。
本を探してみようと思います。

戦争が始まれば、戦うのは私達ではなく、子供達です。
まさか行く訳がない、と考えますが、そうとは言い切れません。

エジプトのデモなどもそうですが、大多数の人が動けば、法律さえ代わってしまいますよね。

この様な映画や戦争の事実が公表されるたり、
サムライジャパンなどの歴史ブームは、明らかに戦争へ向かわせる意図が有っての事と判断しています。

愛国心 国を守りたいと言う意識が高まっていきます。
結果、憲法9条の改正に繋がるでしょう。

私はこのような本や動画を沢山載せますが、
それを踏まえて 武器を持たぬ事、参加しない事を訴えていかなければと感じています。
  1. 2011/02/05(土) 07:26:08 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■Re:お帰りなさい?☆

>loveさん

ただいま^^

はだしのゲンは中学校時代に読みました。
すごくショックでしたが、子供達には読んで欲しいマンガです。

アンネの日記についてはあれが情報操作の為に作られた物、筆跡などで疑問視されているようです。
ヒトラーがユダヤであった事や、あの後大量虐殺されたのはドイツ人のほうが多かった事実。
世界中から同情を受けて、イスラエルと言う国をもらい、沢山のお金の援助を得て、パレスチナを大量虐殺、現在に至る経緯から、911テロもそうですが、身を切って得をする自作自演という説も、有力視されています。
アメリカのボスはイスラエルですから。

また 陰謀説を語ってしまいましたが・・
知ること これは大切ですよね^^
  1. 2011/02/05(土) 07:36:45 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■Re:お疲れ様でした(o^∀^o)

>ぴーるさん

有り難うございます。

簡単に言えば 日本の文化の人が、すっかりアメリカになった日本を見て、
こんな風にするために命をかけたんじゃない!。。。と感じていました。

生きるのに不必要なものが溢れ、ものを無駄に捨てまくっていると言っていました。
和製英語と、「ちょ?」「イケテル」「マジ」などの言葉、ぶっ壊れた日本語を嘆いていました。

確かに昔の日本語は美しく感じました。

昔の軍隊の体育会系が良いとは思えません。
上の物が下の者をイジメ、イジメを受けたものが、さらに下の者をイジメていく。

自分が受けた虐待を 他人にぶつけるか、
その様な悲惨を2度と繰り返したくないと思うか、
二つに分かれてしまうようです。

親の虐待が連鎖していくのに似ていると感じました。
時間が有る時に 本もおススメします。
私は動画をみてみたいです。
  1. 2011/02/05(土) 07:48:06 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:回天

>放射線(電磁波)or化学物質が病因かも(katsuko)さん

私はいまだ 靖国神社には行った事が有りません。
しかし行きたいと思っています。
回天 桜花については 私の兄が戦争、歴史好きだったので、中学時代に知って恐ろしいと感じました。

子供の頃に 怖いと感じる事、これが本当に大切な事だと思います。
もうすぐ、全ての日本人が戦争を知らない時代に生まれた人になってしまいます。

私はそれは 怖い事、と感じています。
戦争で 人間がどんな風に死んでいくのか、
その悲惨と、戦争の起こる原因を伝えていかなければならないと思います。

陸軍より海軍(の上層部)のほうが一層悪質だったようです。

>これは知りませんでした。
しかし戦艦大和の特攻。
あれを考えてみても、人の命よりも面子が優先だった事は明らかですよね。
あまりにも無謀な出撃でした。

上層部 そしてさらに上の方で、いったい何を考えていたのか知りたいと思います。

国の為に、死ぬ事を目的に戦地へ向かう。
しかし みんな本当は嫌だった。
そんな事実がネットでも見れるようになり、
心が痛みます。
  1. 2011/02/05(土) 08:02:27 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■無題

タンポポライオンさん、おはようございます。

「歸國」に関しては、私も原作は読んでいません。

ドラマ的には残虐表現は一切無いので、どこか美化しているようにも思えたり…。
私自身、本当に無知で知らないことだらけですので、やはりこれから本を読んでいきたいです。

昨年「戦艦武蔵のさいご」という本を読みました。
児童書ですが戦闘シーンの描写がかなりリアルでした。恐ろしかったです。
上層部に対する不満もかなりありました…
  1. 2011/02/05(土) 09:31:44 |
  2. URL |
  3. まつ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■Re:無題

>まつさん

戦争についての本 色々読まれているんですね。
戦艦武蔵のさいご>これも見ていません。

日本人って 戦後のGHQの教育で、まったく戦争について欠落していますね・・

必要な事だから 隠されていた。
私達は調べる勇気を持たなければいけませんね。
頑張ります^^
  1. 2011/02/05(土) 11:39:49 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■戦争映画

脚本や監督は反戦のつもりでも

心の傷のせいで右翼チックに感銘を受ける人もいるんですよね。。。。えっ、あの映画観てそんな感想になるの?的な 

戦争に付いては体験者の声が一番ですよね。NHKってそういうの良く集めていますよ。個人で集めて回っている人も、私もたの人より良く聞いているかも? NHKの玉砕の話は良く調べられていましたね。証拠の映像がある所が凄い。 NHK凄いですよね。
  1. 2011/02/05(土) 12:27:49 |
  2. URL |
  3. ティジャス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■お疲れ様でした!

こんにちは♪

先日靖国神社へ行き『回天』を見ました。
回天へ乗り込む兵士の手記もありました。
教育というか、洗脳の恐ろしさを感じます(;_;)

戦争が必要だと思っていた人々が、身をもって『戦争は必要ない』と教えてくれたのだと思いました。


実際に体験した人の言葉は胸に刺さりますね。
紹介くださった本、読んでみます(^^ゞ
ありがとうございました♪
  1. 2011/02/05(土) 14:53:52 |
  2. URL |
  3. ロコロコ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■Re:戦争映画

>ティジャスさん

色々な反応が有るんですよね。
でも最初は アメリカのやつめ!と言うのが
素直な反応でそこから深く調べるかどうかで決まってくると思います。

戦争中の敵は敵であり人間ではない、と言うのがおおよそ合っていると思います。
サッカーや野球でもボクシングでも、相手の両親の悲しみを考えて戦う人はいません。
実はこれが問題なんですよね。

ええNHKは最近頑張りますね。
しかし放送基準の変更 人事なにか変わりそうな勢いですね。
いい方に向かえばいいのですけど・・
  1. 2011/02/05(土) 17:40:05 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

14 ■Re:お疲れ様でした!

>ロコロコさん

以前靖国に行った時のブログを書かれていましたね。
全ては教育洗脳、 これは現代でも同じなんですよね。

はいこの本はいい本だと感じました。
まったくの仮想の話と思えば、しっかり戦争の時代を勉強して書かれてあるように思えました。
  1. 2011/02/05(土) 17:44:04 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/472-9f41b921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。