タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人を殺した事ありますか?

いきなり「人を殺した事ありますか?」とはビックリされたでしょう。
アクセスアップには題名は重要です( ´艸`)

しかしふざけている訳ではなく、私達は人を殺した事などないですよね。
有ったらちょっと困りますが、

日本に住んでいる限りみんな、間接的には人殺しに参加している、
これは世界の飢餓や 中東の戦争に参加した時点で自動的に
そうなってしまいます。

知らなかった これは罪ですよね。
知らなければ何をしても良いのか?と言う事です。

私達の町に殺人鬼がいたら 私達は大騒ぎします。
しかし戦争という殺人鬼には、あまりにも鈍感です。
食品や原発、薬品やワクチンなどに
立派な殺人が含まれています。
最近も癌の薬で沢山の人が亡くなりましたよね。


気がつかない人 知らない人 このような人は、
マナーを知らない人と同じく、罪だと思います。

さて 私達は人を直接殺した事はないでしょう。

しかし動物 ペットを殺してしまった事は有ったのでは
ないでしょうか。

私は今も心に残る影が有ります。


子供のトラウマ どうしても切れてしまうキーワード

以前私の過去のトラウマを書きました。

それは中学時代の頃の事でした。
ちょうど 小学校時代の悪さが災いして、クラスから村八分に
されていた頃の話です。

私にはたった一人の友達がいたのです。

それはセキセイインコの「クッピー」生まれたての雛です。
私の溺愛は普通では有りませんでした。
私の事を親だと思って、安心してお腹の上で眠るその愛らしさ、
私は一日中一緒にいました。

その日は試験の前日、クラスから完全無視されていた私は、
その頃勉強しかする事がなく、成績はトップの方にいました。

マイコーチという参考書を広げて夜中までベットで勉強
していました。

「クッピー」はいつものように私の脇の下などにもぐりこんで、
かわいい目を閉じています。
私は可愛くて 可愛くて仕方なく、頭を人差し指で優しく撫ぜたり
していました。

朝 突然の悪い予感に飛び起きた私は、
恐る恐る体を起こしました。

そこには 完全に潰れた「クッピー」の姿がありました。
内臓のものは飛び出して・・
昨日の夜と同じく 可愛い目を閉じたままに。

私は今でも妻を腕枕すると思い出すのです。
潰してはしまわないか、そして非常に落ち着かないのです。

私は 溺愛と不注意に今でも恐れを感じているのです。
私は初めて、愛する者を殺しました。
これが今でも私のトラウマになっている事は知っています。

物言わぬ愛らしいペット
これが死ぬ時の悲しみは、尋常な事ではないですよね。
ペットの死を経験した人は、ペットを飼うのを恐れます。

しかしペットは死をもって、子供達に愛する物を失う悲しみを
教えてくれます。



最新注目記事 エジプトデモについて、これは分かりやすく
信頼性が高い記事です!!

wantonさんののブログ



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/05(土) 19:54:44|
  2. 夫のおいたち話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<これは理解しやすい!エジプト情勢 | ホーム | 妻のモープ>>

コメント

1 ■私も

窒息死させた事が

それ以来 寝る時はかごに入れて一緒に寝てました。

その心の傷 癒して欲しいと思っているのはクッピーでしょうね。 癒せるんですよ。癒してあげて下さいね。 方法尋ねてもらえればお教えできます。 

人は自分を許す事が一番難しいそうです。911で戦地に向かった人の言葉です。
  1. 2011/02/05(土) 20:47:00 |
  2. URL |
  3. ティジャス #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■こんばんわ☆

人間て勝手なもので自分が手をかけなければ関係ないみたいなとこありますよね。。。牛や豚、魚の生き物あたりまえに食べてる…これも生きていくうえで仕方のない事なのかもしれないけど、自分で手をかけていないから正直実感がありません(ノ_-。)。
だから食事の前には必ず手を合わせて『いただきます』で感謝の気持ちだけは表しいうのですが。。。
ペットも以前にも犬を飼っていて人生全うしました。もう飼わないと思ってたけど結局家族としてむかえました。
命の尊さと重み…無償の愛を教えてくれます。
  1. 2011/02/05(土) 21:30:25 |
  2. URL |
  3. ぴーる #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■Re:私も

>ティジャスさん

おお 同じような経験があったとは・・

ご親切感謝します。
しかし私にとってこの事は、宝のような経験です。
生活するにあたって 何も問題が有りません。
私は時々思い出すことを嬉しくも感じていますので。
この悲しい記憶は、忘れずにいたいと思います。
そして2度と溺愛というエゴと不注意で、大切な物を失わないようにしたいと考えています。
  1. 2011/02/05(土) 22:35:29 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■Re:こんばんわ☆

>ぴーるさん

正直なコメントいつも有り難うございます。

少々きつめの書き方は、いつもの事で、
お許しください。

私は決して他人に向けるのではなく、自身へ厳しく向けて書く事が多いのです。

自分が手をかけていなければ、関係ない。
これが正直な所。
私もその一人です。

ただ、知っているか 知らないかで大きく違うのも事実ですよね。
私達が 間接的には人殺しに加担している。
全ては偽善の上に、だからこそ、
私達は 本当に謙虚な気持ちを忘れてはいけないと思うのです。

謙虚さ これは日本人には出来る事。
西洋人にはなかなか難しい事なのです。
私も食事の時は有り難いと思えるようになりました。

そうですか ペットが一度死んだのですね。
家族を失うほど悲しい事、でもまた新しい家族を迎えたんですね。

ペットの寿命は短く また悲しみを味わうのだけれど、それでも迎えた。


命の尊さと重み…無償の愛を教えてくれます。

>ペットがその為に存在しているとは言いません。
しかし、その命で、これを教えてくれる。

有り難うございます。
  1. 2011/02/05(土) 22:48:09 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■アッ!

>タンポポライオンさん
私うまく伝えることができてなかったらゴメンナサイ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
私もいつも自分自身に言い聞かせてることなんです。。。いつもブログ拝見させて頂いて、とても勉強になってます!
ホントに情けない自分がいて。。。変わらなきゃlって思うんだけど、なかなか前に進めずもどかしくて。。。
  1. 2011/02/05(土) 23:01:14 |
  2. URL |
  3. ぴーる #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■Re:アッ!

>ぴーるさん

あれれ 私の方こそ書き方が悪かったでしょうか?・・
ぴーるさんに謝っていただくことなど何一つ無いはずですが^^;

ぴーるさんの意見に賛同したつもりで書いてましたが、書き方が硬かったかな・・・
こちらこそごめんなさいm(._.)m

無理に変わる必要もないし、私自身も同じ気持ちです。
私も文章省略してしまう癖があるので、
うまく伝えられなくて・・
ごめんなさい

  1. 2011/02/05(土) 23:07:27 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■今晩は☆

我が家にも私が小さな頃から犬や猫がいるので、常に死を学ばせてもらっています。

私自身がカブトムシや鈴虫のお世話を怠って、見殺しにしたこともあります(-.-;)

ペットの死から様々なことを学び、自分自身を知ることもにも繋がりました。


生き物を殺す…
笑顔で豚を抱っこしている養豚場のパンフレット。
私にはそれが不思議で仕方ありません。

でもその方達のお陰で、私は自らの手で殺さずに食べられる…
そう思うと矛盾だらけで嫌になります(;´・`)

しかし命を頂くのですから、命の重さを知ることは必要だと思います。
知る努力も必要だと思います。


現実から目をそらさずに、自分達が生かされていることを知っていきたいと思います!!


クッピーは十分愛されて、とっても幸せですね♪
最後まで好きな人に可愛がられ、側で眠れて…想像しただけで涙が出るほど幸せです!!!

素敵な思い出をありがとうございました(^^)
  1. 2011/02/05(土) 23:12:47 |
  2. URL |
  3. ロコロコ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:今晩は☆

>ロコロコさん

私自身がカブトムシや鈴虫のお世話を怠って、見殺しにしたこともあります(-.-;)

ペットの死から様々なことを学び、自分自身を知ることもにも繋がりました。

>実は殺したのは私も「クッピー」だけではありませんでした。
昆虫やミドリ亀なども・・


そう思うと矛盾だらけで嫌になります(;´・`)

>はい 全ては矛盾の上ですよね・・
考えれば考えるほど嫌になります。

ペットの雛はトラウマになっても、養豚場の豚は、気持ち一つ動かない。

だからこそ 知る必要があるんですね。

クッピーは十分愛されて、とっても幸せですね♪
最後まで好きな人に可愛がられ、側で眠れて…想像しただけで涙が出るほど幸せです!!!

>有り難うございます。

お子さんを亡くされたロコロコさんに、
鳥の雛の事ごとき、と言っては御幣がありますが、そう言ってもらえて、
うまくいえませんが・・・
私も救われる気持ちでいっぱいです。

またいつか インコを飼ってみようと思います。


  1. 2011/02/05(土) 23:28:22 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■無題

ええことでは無いにしろ、痛みや、悲しみ、を知ることが人間を大きくしますよね!可愛いがっておられたんでしょうね(ToT)
  1. 2011/02/05(土) 23:46:30 |
  2. URL |
  3. TOBAKUパンク #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■Re:無題

>TOBAKUパンクさん

御自身のブログではいつもギャンブルや、ラーメンなどの記事を書かれていますが、

こちらへのコメントは実に的確!
人徳者だなぁ?と思います。
ギャンブル哲学と言うものですかね^^

ええことでは無いにしろ、痛みや、悲しみ、を知ることが人間を大きくしますよね!

>はい まったくその通りです。
いい事ではないです。
しかしそれを経験した人と 本などで経験した気になっている人では 人間の大きさに、違いがでますよね。

苦労は買ってでもしろ、と昔の人は言いました。
楽な事ばかり求めては、結局何も得られないのでしょう。

ペットの話とはそれてしまいましたが・・
子供が悲しむから ペットは飼わせない、では
いけませんね。

  1. 2011/02/06(日) 00:01:49 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■無題

>タンポポライオンさん いえ自分なんかまだまだです!ペットに関しては自分は飼ったことも無く正直あまり興味もありません。けれど悲しい思いをした人は確実に前進すると思いますし、またそうでなければと思いますm(_ _)m
  1. 2011/02/06(日) 01:03:47 |
  2. URL |
  3. TOBAKUパンク #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■Re:無題

>TOBAKUパンクさん

はい 先ほどの話とは 少し違いますが、
経験が無いからといって、何も言えないと言うのは違うと感じています。

人には想像力と言うものが有りますからね。
ペットに興味が無いし 殺した経験も無いが、こう思う。

これは立派な意見ですよね。
出なければ私達は 何も語る事は許されませんから^^

人が人生で経験できる事はわずかだと思います。
先ほどの話の補足ですが、経験者のみが語れる事。
それは人それぞれですよね。

私は音楽から色々学んでます。

一つの事を極めれば たくさんの事を学ぶ。
一を聞いて十を知る
この想像力が大きな意味を持つかもしれません。

生まれ変わりがあるのなら、すでに学んでいる事も多いのかもしれませんし^^
  1. 2011/02/06(日) 11:06:09 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■追加

ロコロコさんのブログに、子供のいない教師が、
校長になれるかどうかと言う記事に対してのコメントを 関連記事として、こちらに転載します。


校長先生の件
これは本当に難しい問題ですね。

しかし やはり色々な状況を考えれば、
お父様には申し訳ないですが、差別ですよね。

子供のいる親が、経験者として威張れるのか、
と言うと、そうでもないでしょうね。
何故なら毎日が発見の連続、実は未経験者でしょうから。

子供のいない先生の方が、自身の子供と比較したりせず、子供を全体で捉える事ができる、
または子供を差別なく愛せると言う点では、
適正であるかもしれません。

良く若い保育士が その親に同じように罵倒される事が有るようですが、
それとこれとは話が別、であるでしょう。
仕事なんですからね^^

精神科の先生は トラウマの経験が無い人が一番望ましいといいます。
経験者では同調してしまい、冷静な判断を欠くらしいですよ。

本当に必要なのは 知識と経験 それに相応した想像力と応用力かもしれません。

人が一生に経験できる事はひとそれぞれ、
ほんのわずかですよね。

輪廻が有るとすれば、生まれ変わりの数と言う事ですね(笑)

  1. 2011/02/06(日) 11:29:16 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/475-82f9c852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。