タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

許す事の難しさ ガンジー

 昨日の「本当の強さ」にたくさんのコメント有り難うございました。
 私ではなくて、ガンジーにコメントが来てたんですけどね(笑)

 その中で皆さんが共通して持っていらしたのが、

 器の大きな強い人間になりたい。
 許すと言う事は本当に難しい。
 と、言う事でした。

 私も同感です。

 「許す」と言う事を考えたりする時に、私はまず、極論を考えます。
 そして色々なパターンに当てはめてみるのです。

 蚊に刺された、これを殺さず許せるだろうか?
 相手に悪気は無い訳です。

 サルに噛まれました 許せるだろうか?

 殺人鬼に身内を殺されました。許せるだろうか?

 先のブログに乗せたような化学兵器、核兵器を使われて、
 国や、家族を焼かれた、許せるだろうか?


 私が何を書いても説得力は無いでしょう。
 何故ならまだまだ許せない事ばかりですから。
 なので、ガンジーの言葉を借りて想像を膨らませてみます。


$タンポポライオンのブログ-ガンジー


 「目には目をという考え方では、

 世界中の目をつぶしてしまうことになる。」byガンジー


>社会生活していても 大きな意味で戦争でも、
 報復をしては、悪循環になるだけ、これは分かります。
 憎しみで世界中が心を影にしてしまうと言う事でしょう。

 戦争はこれを利用して、起こされる仕組まれたゲーム。
 これを理解すれば、原爆を落とされたから、原爆を打ち返す事が
 どんな事なのかという極論で無意味なのが理解できます。

 「憎しみは何も生まない。」
 これは本当にそう思います。



 「罪を憎みなさい、罪人を愛しなさい」byガンジー


>罪を憎んで人を憎まず、と言います。
 罪は私達の中から連鎖的に生まれてくるのだと思います。
 罪は私達が作っていると言う事です。

 罪には理由が有るのでしょう。
 病的な社会 無関心 競争 負の歴史などの。
 許し愛す事でしか、解決方法がないのだ、
 と言う事だと理解出来ます。

 自分の子供なら、罪を犯しても、愛によって許せるでしょう。
 しかし他人は 殺してしまえ、と言う事になりますよね。
 不思議です。

 蛇に噛まれたら 世界中の蛇を殺して回らなければいけないのでしょうか?
 罪もないのに。



 「握り拳と握手はできない。」byガンジー



>相手が心を閉じたり、憎しみに捕らわれている状態では、
 仲直りする事は出来ない。
 お互いの事で、戦争の事を言っていると思います。
 戦争に限らず全てに当てはまる事でしょうけど。

 こちらが心を開いて飛び込んで理解しなければ、
 相手も心を開かない。
 「許す」とは本当に「強い心」と「知恵」が必要なんですね。 



 「非暴力は暴力よりも無限に優れているし、

 許すことは処罰するより遥かに男らしい。」byガンジー


>これは 前の記事とダブりますが、ガンジーの有名な「非暴力」
 相手の暴力に対して、まったくの無抵抗で対抗しました。
 殴られても 蹴られても 殺されても牛の群れのように進みました。

 しかしガンジーは 弱虫の逃げ道としてこれを使いません。
 死も恐れぬ無抵抗という、攻撃と言えるでしょう。
 その点で暴力よりもすぐれていると言っていると思います。
 奴隷ではない訳です。
 一歩も逃げてはいません。

 許す事は男らしい の「男らしい」は男に限った事でなく
 「器が大きい」と言う事だと思います。
 本当の意味の解決ならば、苦難の道を選ぶと言う事だと思います。



 「怒りは酸のようなもので、

 注ぐものにも増して、

 その器に大きな害を与える。」byガンジー


>怒りや憎しみ、恨み、これに捕らわれた事がある方
 は少なくないでしょう。
 私達の体は 蝕まれ、病気になり 人生を無意味な物にします。

 これには 本当に困ります。
 執着してしまうと、気が狂います。
 子供を殺された親が、犯人を殺してしまう。
 しかし 何の解決にもならず 負の連鎖だけが残る。

 しかし 当事者にとっては、
 許せ?とんでもない!! ふざけるな!ですよね。
 
 私にもこの気持ちは少し分かります。
 私も 悔しい経験は豊富ですので(笑)


 でも、ガンジーの言っている意味も分かるのです。

 子供の様な大人、 まるで信じられないほどの低い人格。
 それに対して、対等に戦う事は,
 その人物と同一線上、同化する事の様にも思えます。

 許すと言う事は、大変な事ですね。
 逃げるのではなく 弱虫でもない「許す」

 これは、「本当の優しさとは厳しさ」とも言えます。
 ただ闇雲に許すのは「逃げ」でしょう。
 暴力に対抗できないから 非暴力というのも、逃げだと、
 ガンジーは言うでしょう。

 自分からも相手からも逃げずに「許す」
 これには 強い心と 経験と知恵が必要ですよね。


 私がブログ始めた当初から仲良くしていただいています、
 魂のヒーラー☆R Jさんのブログにこんな動画が有りました。
 その詩は、本質をついているように思えます。
 私達が本当の強さを求める事は、大変な事だと思います。





1 成功をおさめる為に 神に力を願ったのに
  弱くなってしまった 謙遜を学ぶように
  偉大な事をする為に 神に健康を願ったのに
  病気になってしまった 神の心に適うように
  私の願いは何一つ 叶えられなかったけれど
  希望した全ての事を私は受けた

2 幸せになる為に 神に富を願ったのに
  貧しくなってしまった 生きる厳しさ知るように
  弱い人を助ける為に 神に権威を願ったのに
  無力になってしまった 神に頼ることを学ぶように
  神は私に必要な事 何もかも知っておられる 
  希望した全ての事を私は受けた

3 人に尊敬される為に 神に手柄を願ったのに
  だだ失敗に終わった 思い上がらないように
  聖なる人になる為に 神に徳を願ったのに
  罪の醜さに泣いた 神の愛の深さ悟るように
  私の姿は変わらない 弱く何も出来ないけれど 
  喜びに満ち溢れて私は歌う




人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/09(水) 19:47:09|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<妻です。私を唸らせた、二つの名言 | ホーム | 本当の強さ>>

コメント

1 ■いつもありがとうございます♪

ホントに強い人


ホントに愛の人


ホントに優しい人




誰も責めないのでしょうね………


最後の詩、


聞いたことがあります。
悟りの境地ですね?

そんな風に思えたら!!
偽善ではなく
そうできたら!!




罪を憎んで人を憎まず☆


小さい頃から

母に言われていたような……(笑)


時代劇でも☆よく聞かれますね?☆

理想に近づけるように

自分の中をよーく見ていこうって思います☆



love☆
  1. 2011/02/09(水) 22:03:30 |
  2. URL |
  3. love #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■広い心で。

許すとこととは違いますが、私は性善説を持って対応するように最近心がけています。

でも悲しいことに、性悪説で対応しなければいけないこともあります。
  1. 2011/02/09(水) 22:53:52 |
  2. URL |
  3. むくりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■永遠の謎

身も震えんばかりの屈辱と差別を受けて、
果たしてその相手を許す事が出来るだろうか。
そして自分自身はともかく、子供や家族がそのような仕打ちを受けた時に、マザー・テレサやガンジーのように深い愛の気持ちで相手を許せるだろうか。
自分の愛しい家族が、むごたらしく殺されようとした時に、とにもかくにも守ろうとした時に、もし
手元に拳銃があったとすれば、それを使わずに
守ろうとする行為が、愛なのだろうか。
もし拳銃を使わないと守れないのであれば、
私はためらう事なく、引き金を引きそうな気がするのです。それが果たして愛に背き間違った行為といえるのでしょうか。
今の私には分かりません。
恐らく、その時の自分というものは、良いも悪いもなく、そうするしかない自分の姿だけがあるような気がするのです。
全ての答えには、コインの裏表があると聞いた
事があります。
良い事もあると同時にその反対のものも同時に
含んで存在するのが、この世界の秘密であると。
  1. 2011/02/09(水) 23:30:23 |
  2. URL |
  3. wanton #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■無題

なんて物事の真髄をついた言葉の数々
(;_;)
私も少しずつでも、この真理に近づけていけたらなと、せつに願います
(^人^)
  1. 2011/02/10(木) 00:11:03 |
  2. URL |
  3. ハナミズキ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■Re:いつもありがとうございます♪

>loveさん

はい ガンジーもそう言いました^^
愛を成就した人間に対し、何をしても無駄になると。

死の恐怖さえとっくに乗り越えたのかもしれません。
昔の日本人は近い物を持っていましたよね。
  1. 2011/02/10(木) 17:53:01 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■Re:広い心で。

>むくりんさん

はい 良く分かります。
人ではなくなってしまった人も存在しますよね。
ほんの少しでも良心が残っていれば、
それは解決のしようも有るとは思います。

悲しい事に性悪説で対応

>悲しいとは、「許してあげたいが」、と解釈してもいいでしょうか。
許せる物なら許したいが、あまりにも酷すぎる。
なので罰を与える。
動物ならうまく行く方法ですけど、人間に対しては効果が有るのかは、分かりません。

私は、死刑とは軽い刑の様な気がします。
罪人が、罪の重さを知って悔い改める作業をさせる事こそ、重い刑になるからです。
  1. 2011/02/10(木) 18:04:11 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■Re:永遠の謎

>wantonさん

心に響くコメント有り難うございます。
朝一番で読んで 仕事中考えていました。
私も銃が有れば戦うでしょう。
しかしそれが良くない事だと言う事を、理解しています。

全ての答えには、コインの裏表があると聞いた
事があります。
良い事もあると同時にその反対のものも同時に
含んで存在するのが、この世界の秘密であると。


>はい 「逆も真なり。」

これは 私の良く言う「闇の話」にも当てはまる事だと思います。
この世界を動かし戦争を起こす人達、
それも彼らにとっては愛であり、正義であるからです。
排他的愛と言う事かもしれません。
白人優越主義も彼らにとっては正義であるでしょう。

私は戦争を回避したい、その為に必要な事は、
ガンジーの非暴力しかないと確信しています。
陰謀論もいまや 偏った正義になりつつあります。
本当に平和を考える事。とはどう言う事なのか、
私はこれからも書いていきたいと思います。

おっと!また文字数制限が・・・
またこの事に対し、ブログを書く事にしました^^

いつも有り難うございます。
  1. 2011/02/10(木) 18:18:53 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■Re:無題

>ハナミズキさん

私は昔からこういうの考えるの好きなんです・・・
実は^^:

話がぶっ飛んでしまわないように気をつけなくちゃ(笑)

戦争をなくす事、これがこのブログの主題なのです。
お付き合い頂いて、みなさん有り難うございます。
  1. 2011/02/10(木) 18:22:02 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■難解な問題ですね

自分は許せたとしても、家族を殺された人に対して「もういいじゃないか許してやれよ」とは云いにくいですし、永遠の問題かもしれませんね。

許せない、その怨念と言うとおどろおどろしいですが、そういったエネルギーを音楽や小説の世界に人々は昇華させてきたのだと思います
  1. 2011/02/10(木) 22:38:56 |
  2. URL |
  3. 一匹狼 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■Re:難解な問題ですね

>一匹狼さん

コメントのお返事遅れて申し訳ありません。
更新が早くて見落としてしまっていました^^:

はい 想像力を働かせて、その状況に自分を置いてみても、許すと言う事は不可能に近いと思います。
実に私は喧嘩っ早いのです。
それを私も妻もよく知っています。

トラックによじ登った事も何度かありました(笑)

そんな私がこんな事を書くのは、自分に対しての戒めでもあるのです。
それが正当な物であっても、結局傷として永遠に残ってしまいます。

芸術はそれらの表れ、本当にそうですよね。
しかし 愛のないものは人の心に響かない。
良い物はそれらが少なからず表現されているようです。
  1. 2011/02/13(日) 10:33:09 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/483-3b30e0b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。