タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妻です。ネパール4 孤児院

私達は、日本から「ボールペン」をもってきました。
在日中のネパール人の友達から、
「もし荷物に隙間があったらボールペンを
もっていって、子供達に渡してあげて欲しい。
田舎のほうでは、ボールペンが手に入らないところもあるから」
と言われてきたのです。

インドでは,このボールペンが、役に立ち難を逃れることが
出来たり、ワイロ代わりになったり(マジです)
重宝しましたが、
叫び
本来、「ボールペン」をもってきた
意味は、勉強をしたいと思う子供に、
「ボールペンをあげる」ことなのです。キッパリ


そこで、ゲストハウス空の奥様(日本人)にご相談。
 $タンポポライオンのブログ-ポカラ ソラ

「一番、必要としている人にあげたい」
「自分たちは、どこへでも出向くつもりである」
という、こちらの意思をお伝えしまたところ

ある施設を紹介してくださいました。

こちらは、親が犯罪を犯し、親戚など引取り手がなく、

刑務所に入っている子供達がいる施設です。

5歳から18歳までの女子がいます。

「キリスト教海外医療教力会(JOCS)の
日本人の女性が居るはずでが、凄く重い所です・・」

「以前絵を書かせた事が有りましたが、
暗い配色の絵ばかり、子供達のストレスのはけ口として、
番犬も蹴られたりしているため、
良く吼えますよ」

とのこと。

でも、夫はきっぱり、きっぱり

「楽しむ為に来た訳ではないから、かまいません。」
と言い切っていました。


施設の入り口です。
小さな子供は、水が少ないために、シラミが出るので、
髪は短くしているのだと、施設の方から
説明を受けました。

$タンポポライオンのブログ

今回はポラロイドカメラを持参しました。
写真もなかなか無いので、凄く喜んでもらえました。


私は児童心理学など、学んだことがありません。

そのため、私が感じたことを、率直にいいます。

子供達と接して強く感じたことは

子供から、子供の匂いがしないのです。
$タンポポライオンのブログ-ポカラ孤児院

子供達は明るく迎えてくれました。

楽しい時間でした。

でも何か違うのです。

$タンポポライオンのブログ

子供は無邪気である。
子供は大人の顔色を見る。
子供はエゴイストである。
子供は素直で残酷である。

以上が、私が子供に抱くイメージです。

でも、ほとんどの子供達が、これらから

かけ離れている感じがしたのです。

なんというか、子供の顔をした、

大人と接しているみたい。

$タンポポライオンのブログ

そんな印象を持ちました。

ただ、時間が経ったころ、一人の子供が私に向かい

「お茶を飲んでいくほうじ茶?飲むなら入れるけど」と

尋ねてくれました。

「私は喉がカラカラよ。うれしい。」返事をしました。

そのときの、子供達、全員の目の輝きは忘れられません。



お礼に歌を2曲も披露してくれました。



逆にショックなこともありました。

帰り際、私達は、施設の子供、一人一人に
とってもエンジョイしたこと。
また、必ず、訪問すること、
を伝え、施設を後にしようとした時、

あれだけ、楽しい時間をすごしたはずの子供達が、

私達が外に出た瞬間にドアを「バタン」と勢いよく

閉め、思むろに、カギを中からかけられて

しまったのです。

私達は、歓迎から一転して「招からざる客」

と化してしまいました。
$タンポポライオンのブログ

それでも一部、外まで、送ってくれた子供達は

私達と手をつないで

「こんな風に二人と(大人と)手がつなげるなんて、

すごく嬉しい。

私はラッキーだ!」と言って本当に喜んでくれました。

$タンポポライオンのブログ

私が印象に残っているのは、夫のそばを離れない、

2人の子供達がです。

施設の方がおっしゃるには

「彼女たちは父親を知らないのです」とのことでした。

$タンポポライオンのブログ

この施設を訪れた、何人もの

侵入者たちは「また訪ねる」と言い、

去って行き、でも再度、ここを訪ねるということは、

少ないようようです。

「それでもいいから、子供達に会いに来て、

一緒に遊んで、話してほしい」

と施設の方はいいます。それだけ子供達は人の温もりに

飢えているそうです。

でも、残された子供達は、

見知らぬ人たちが、自分を見に来て、

飽きたら、帰って、自分を忘れ去る。

そんなことを侵入者達から繰り返されているのだと思います。

「また来るね」の言葉を信じて、待って、傷つくことを

繰り返していたのだと思います。

施設に滞在中に、年長の少女が私に聞きましたました。

「私と話して楽しい?」

私は「もちろん。楽しい。でも、もっと楽しくするために、
   私達は英語ではなく、ネパール語で会話しないと
   いけないと思うの。
   私は、もっとネパール語を上達したい。」と答えました。

彼女は「それでは、今日、ここに、泊まればいい。」

と言ってくれました。

私には、時間的に、それは無理でした。

私は「ごめんなさい、無理です。でも次回必ず、
   あなたと、ゆっくり話す時間を
   作りたい」

と正直に答えました。

いいえ、それは正直な答えでは、なかったかも知れません。

私は嘘を言ったのだと思います。

実際、その時間を作ることは、私には可能でした。

ただ、ここに泊まることに、時間を割くという行為が

私の中で、優先順位が低かった、それだけなのです。

彼女達は、私達、侵入者が自分達に対して、

低い優先順位をつけている。

と、いうことを認知しています。

だから、彼女達は侵入者を信用しないのだと思います。

私達は、帰りの車の中で、非常に重たい気持ちになりました。

しばらくして、夫がボソッと口にしました。

「また、必ず戻って来よう。」

私の夫は、少し世間ズレした所があります。

それは社交辞令を嫌い、一切口にしないことです。

時に、その不器用さと頑固さは、私をイラつかせます。
(かなりイラお兄さん指

でも、今回ばかりは、私の心を明るくさせてくれました。
電球

夫は、言ったことは必ず実行する。
豚

(たとえ、それが周囲の混乱を招き、

どれだけ常識から外れたものであっても

必ず実行してしまうのです。泣き3

だから、私達は約束が守れるはずです。

頑固で、融通の利かない夫は、

必ず口にしたことは実現します。

人の出会いは縁と運命だと、私は思っています。縁

みなさんと、ブログで出会えたのも、縁と運命だと思います。

それと同じように、この子供達と出会えたのも縁と運命に思えます。

残された人生に中で、私はこういう縁を大切にしたいと、思うのです。

とくに相手が、私の存在も求めてくれる、縁からは、決して手を離し

たくない、と私は強く思っています。
Skype

施設からの帰り際、子供達と手を繋ぎながら歩いて、そう確信しました。

世界平和も大事。

原発問題も大事。

宗教問題も大事。

なにもかも大事。

でも、私の人生の中で、重要視したい大事なことは

人との出会い、そして、縁 です。

人は、戦争によって、傷つくのでしょうか?

人は人によって、傷つき、

人によって救われるのでは、ないでしょうか。

$タンポポライオンのブログ-ヒマラヤ ポカラ


PS 夫です。← 突然登場されて、
  私(妻)も驚きました。叫び

ネパールでは外国人に女性がさらわれて
売春宿につれられて行く事もあります。

運よく村に帰っても、宗教上などの理由で、
白い目で見られてしまうようです。

この子供達も犯罪者の子供として辛い人生を
歩むのではないかと心配です。

子供達と手をつないだ時に強く握りすぎて、
痛いと言われましたが、その嬉しそうな笑顔は
忘れる事は出来ませんでした。

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

[Amebaグルっぽ]



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/08(日) 17:47:51|
  2. インド・ネパールの旅 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28
<<仏が救うのは オリーブさんのブログ | ホーム | 妻です。ネパール3・バスネットさん ご一家>>

コメント

1 ■?らしくの意味

人が人らしく、子供は子供らしく…

その国々によって、置かれている環境、治安に左右されて戸惑い悩むのは子供達の方が敏感ですよね…!
私もベトナムに行って、びっくりしました!
子供達の純粋な心は、心ない無責任な言葉の積み重ねで可愛いはずの瞳が警戒の眼差しになってしまうんだなーって感じました!
しみじみと読ませて頂きました!
  1. 2011/05/08(日) 19:44:41 |
  2. URL |
  3. 愛 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■こんばんは☆

記事読んで心に突き刺さるものがありました。。。タンポポライオンさんご夫妻が目の当たりにされた現実に比べたらちっぽけな事なのですが、どこか自分とリンクしてしまう事もあって。。。(>_<)
最近まで人が嫌いで深く関わりを持とうとしなかった私ですが、最近ようやく人との関わりや出会いがすごく心救われる事感じるようになりました。

大変素晴らしい記事ありがとうございます(-^□^-)
  1. 2011/05/08(日) 20:23:14 |
  2. URL |
  3. ぴーる #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■無題

貴重な体験をご紹介くださり、ありがとうございましたm(_ _)m
親が犯罪をおかしたために、こんな劣悪な環境をしいられ
成長していかなければならない子供たち、ほんとうに不憫・・・
歌っている様子と、最後のほうの2人の子供の笑顔からは
鬱屈したものは感じられません。
ご夫妻のすばらしい行動力と愛情の賜物とおもいます(^^)
  1. 2011/05/08(日) 21:35:13 |
  2. URL |
  3. Ray #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■お疲れ様です。

平和ボケしてますね、私たち。
最後のタンポポライオンさんのコメントで、子ども達が鍵をかけた意味がわかりました。
たとえ楽しいときを過ごしても、ちょっとの時間では、人を信頼できない・・・当然の事かもしれませんね。
いいことをされたのに、辛い思いをしましたね。
でもきっといつかわかってくれると信じています。
  1. 2011/05/08(日) 21:41:34 |
  2. URL |
  3. コーゲヨーコ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■無題

以前、マザーテレサの施設の孤児院に行った時に色々考えてしまい、
ネパールではまだそういう施設には行ってないのですが・・・。
記事を拝見し、私も行かせてもらおうと思いました。

空ゲストハウスご夫妻、本当に素敵な方々ですよね!
うちもとってもお世話になっていて・・・。
次回ポカラ行った時に聞いてみます!

  1. 2011/05/08(日) 21:48:19 |
  2. URL |
  3. sapana #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■タンポポライオンさま

クンビラの記事からでしょうか?ペタをありがとうございます

タンポポライオンさんのブログを読む事が出来た…この巡り合わせに感謝しています(^人^゚)

読みながら切なくなりました

世界にはまだまだ私達の知らない現実があるんですね(;_;)

ゆっくりと、前の更新も読みたいと思います

取り急ぎ、御礼まで
  1. 2011/05/08(日) 22:14:59 |
  2. URL |
  3. ひめ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■人間は。

辛い生き物なんですね。

子供の匂いがしない子供は辛いです。

一番幸せな時間が取り上げられてしまうんですね。

子供たちがドアをバタンと閉めてしまう気持ち。

今は楽しくてももう二度と会わない、自分たちとは住む世界の違う人達と思うんでしょうね。

そういう事って少しわかる気がします。

ご主人はそれを感じられたんでしょうか?

奥様が信頼なさってるご主人っていいですね。

ご主人も奥様を信じてらして。

羨ましいです。

また行かれるんですね。
  1. 2011/05/09(月) 01:42:29 |
  2. URL |
  3. オリーブ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■無題

言葉につまりますね・・・・

子供。
は、やはり悟ってますよね。
そして、物が豊かではない環境だと なおさら

私も子育てをしていると優先順位をすぐにつけてしまいます。ふりまわしてしまいます。

また 彼女達に会える事を願っています★
  1. 2011/05/09(月) 11:42:28 |
  2. URL |
  3. 中島マキ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■無題

凝縮された濃い内容の記事ですね!色々と感想を書きたかったんですが、うまくまとまらんもんで…外国の状況を思えば日本人が病んでる場合では無いなと思いましたm(_ _)m
  1. 2011/05/09(月) 13:20:03 |
  2. URL |
  3. TOBAKUパンク #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■あぁ、これです!

?(?x?;) みんながタイガーマスクで騒いでいるときに、私は非常に不快な思いがしていたのですが、「なるほど、これだ」と思いました。とはいえ、人の痛みに鈍感であることは自分も同じだし、どこまでも付き合えるわけではない。だから、人類愛ではなく、隣人愛なのでしょう。そんなにたくさんの人々に全身全霊で仕えるなど不可能ですから。
  1. 2011/05/09(月) 18:48:30 |
  2. URL |
  3. 孔徳秋水 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■Re:?らしくの意味

>愛さん
結局、国にしろ、家庭にしろ、一番の弱者である子供に負の部分が、圧し掛かるのだと思いました。私も写真を見て驚いたのですが、
生で子供達と接したときには、気がつなかった表情が写されていることに、あたらためて
刹那さを感じました
  1. 2011/05/09(月) 20:28:55 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■Re:こんばんは☆

>ぴーるさん
はいっ!
人が人を傷つけるのだけれど、
人から受けた傷を癒してくれるのも
また、人でしかない。と思います。
だから、大事にしたいです。
もちろん、ぴーるさんとの出会いもです
(‐^▽^‐)
  1. 2011/05/09(月) 20:32:19 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■Re:無題

>Rayさん
単純に、出来ることを、したいなあ。
と思いました。(*^▽^*)
たぶん、私がネパールという
国がすきだから、そう思うのかも知れません。
でも、それで良いかなあ、と思うです。
  1. 2011/05/09(月) 20:34:57 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

14 ■Re:お疲れ様です。

>コーゲヨーコさん
はい。実は、そんな子供達のことを見て、
私は、自分が子供の頃、思い出してしまいました。成績が良い場合は愛情をもらえるけど、
そうでない場合は愛情をもらえない、
だから、最初っから愛情はないと思おう。
なんだか、昔に自分と重なり、
帰り道は心が重くなりました。

  1. 2011/05/09(月) 20:38:32 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

15 ■Re:無題

>sapanaさん
インドにいると、ネパールの癒しが恋しく、
ネパールにいるとインドの刺激がほしくなります。( ̄▽+ ̄*)

今回の施設を訪問して、いろいろ重いものを感じましたが、「絶望感」みたいなものは
不思議となかったです。
最終的に、私に出来ることが、ないかなあ、と思いました。
たぶん、ネパールは好きなのだと思います。

インドに関しては、なぜでしょう?決して嫌いではなく、好きな町なのですが、貧困や病(子供達を含め)を目にすると、絶望的な気持ちが湧いて
くるのです。「ここで私に出来ることはないだろう」と。

これが正直な気持ちですp(^-^)q

次回、ポカラに行く際は、是非、お世話になりたいです
よろしくお願いします!ポカラでお会いできるの楽しみにしております
  1. 2011/05/09(月) 20:47:17 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

16 ■Re:タンポポライオンさま

>ひめさん
はじめまして^^
コメントありがとうございます。
夫婦でブログを書いております。
私(妻)は、時々、登場というか、横槍を入れさせてもらっています。
夫は毎日更新しています(=◇=;)

テキトウに、サラッ?と読み流してやってください。(ここだけの話し、私は夫のブログ、あまり読んでいないのです( ̄* ̄ ))
  1. 2011/05/09(月) 20:50:54 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

17 ■Re:人間は。

>オリーブさん
境界線を引かないことには
彼女達の精神は崩れてしまうことでしょうね。
私達も多くのことは、出来ませんが
「また訪れる。」という約束は守ろうと思っています。
  1. 2011/05/09(月) 20:52:58 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

18 ■Re:無題

>中島マキさん
はい、また近いうち訪問したいなあ、と
思っています。
忙しすぎると、優先順位がついちゃいますよね。
昔、縄文時代とかは、やることないから、
優先順位も何もないでしょうね。
その方が、心も身体も健全なのかも?
なーんて、たわごとです(≡^∇^≡)
  1. 2011/05/09(月) 20:57:17 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

19 ■Re:無題

>TOBAKUパンクさん
いつもありがとうございます。
お気持ちは伝わっています:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


  1. 2011/05/09(月) 20:59:36 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

20 ■Re:あぁ、これです!

>孔徳秋水さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
私が言いたかったことを、的確に理解していただき、うれしく思います。
私も「隣人愛」という孔徳秋水さんの表現に
ビビッ?ときちゃいました。
私は「○○が好きだから」という、行動
で良いと、自分で思っています。
なんだか、こういうのが健康的な気がしています。
  1. 2011/05/09(月) 21:06:33 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

21 ■今晩は

初めまして初コメントしますブログ読ませてもらってます今回心にズシッと何かを問いかけられた気持ちがしました、また行かれたら子供達も凄く喜ぶでしょうね尊敬します
  1. 2011/05/09(月) 21:11:26 |
  2. URL |
  3. ARIONKEN《旧名》栞 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

22 ■Re:今晩は

>ARIONKEN《旧名》栞さん
はじめして。
コメントありがとうございました。(*^▽^*)

何が出来るか、わかりませんが、「また訪れる」という約束だけは守りたいと思います。

これも縁のような気がします。
縁が長く続くことは、私にとって凄くうれしいこと
です
  1. 2011/05/09(月) 21:21:02 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

23 ■無題

素敵な旅行ですね☆彡

思いのこもったブログに、読み入りました

ありがとうござます♪♪♪
  1. 2011/05/10(火) 18:16:51 |
  2. URL |
  3. 宇宙優泳 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

24 ■Re:無題

>宇宙優泳さん
コメントありがとうございました。
少し長くなってしまって・・・
読んでくださる方に、悪いかなあ、なんて思い
ながらも、これだけは書きたい!と思って
書いてしまいました。(≡^∇^≡)
  1. 2011/05/10(火) 18:25:46 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

25 ■無題

愛を知らないって状況がボクには理解出来ません。ボクはこの子供たちに会うのが凄く怖いです。何もしてやれないし、ガムをくれてやるくらいしか思いつきません。でも会ったら凄く頑張って彼らを喜ばせようとするでしょう。この気持ちってなんなんでしょうね。
  1. 2011/05/11(水) 13:12:27 |
  2. URL |
  3. しゃちょう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

26 ■Re:無題

>しゃちょうさん
同じ感覚です。
「ガム(物質)をあげる」ことでいいのか?
という質問に、施設の方は「是非、あげてください」と即答されていました。

この状況は、心でも、モノでも、あげたいと思うものはなんでも、あげるべきだな、と私は思いました。そして、人に来てほしいとも話していました。
もし、もし、ネパールに行かれる際は「ガム」を
もって行ってあげでください!
女の子ばかりだから・・かわいいよ
  1. 2011/05/11(水) 14:44:31 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

27 ■知らないことがいっぱいです

最近、近隣にネパール料理のお店が増えました。
お店の方は、気さくで明るい方ばかり。
ネパールについては、詳しく存じませんが、観光名所もあり、いつかは行ってみたいなぁと思っています。

今回の孤児院のお話しから、貧困層の生活状況の悲惨さを知ることができました。
他の国でも、同じような状況にある国は多いのでしょう…。

子どもたちから、子どもらしさがうかがえない…というお言葉、よく分かります。
つらい家庭環境で過ごした子どもには、よくあることのようです…。
まして、親が犯罪を犯したら…。
計り知れない苦しみを抱えていることでしょう…。

私は、教員をしています。
色々な家庭環境があります。
しかし、日本では、学校はもちろん、様々な機関が子どもたちや保護者をサポートできます。

国によっては、そこまで取り組める余裕のない国も多いのでしょう…。

考えさせられました。
  1. 2011/05/14(土) 08:27:01 |
  2. URL |
  3. マロニエ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

28 ■Re:知らないことがいっぱいです

>マロニエさん
コメントありがとうございます。
私も知らないことばかりです^^

施設の子供達を一人づつポラロイド写真で撮影し、配ったところ大変喜んでもらえました。

で、ある一人の子が「今度、お母さんと面会するとき、見せてあげたい。きっと驚く」と言っていた言葉が印象に残っています。
どの国で、どんな状況に置かれていても、子供は親の愛を求めている。それに代替出来るものは、何一つないんだあ、と痛感しました。

ブログに書きましたが、なにかの縁で子供達との出会いがありました。少しでも関わっていけたらいいなあ、と思っています。

子供の心理に関して、私は全くの無知です。
知らないことばかりです^^
いろいろ教えてください!ホントに・・。
  1. 2011/05/14(土) 15:47:21 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/562-88929248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。