タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蜘蛛の糸

先日 コメント欄に芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の
事を書いていただきました。

その時は「ああ 懐かしい話だ」

くらいに考えていたのですが、
その後も何となく頭から離れませんでした。

最近は2012年問題の事もあり、次元上昇の話や、
選ばれる人の事などの記事も目にします。

関連して、「小さな宇宙人アミ」

も素晴らしい本だと思います。
(追々 記事にしていきます)

これに影響された記事も多く目にします。

でも、私は、どうしても納得できないのです。

「愛のレベルが一定量以上の人だけが救済される」

私は、この部分に、抵抗を感じずにはいられないのです。

まるで、ノアの箱舟のように思えるのです。


2012年に何が起ころうとも、(あまり信じてませんが)

たとえ、何かが起きて、この場が地獄と
言われるものになるのであれば、

悪い事ばかりしてきた私は、
愛のレベルが低いと思われる(私も含め)
妻、(妻は、全くこういうものに興味がない模様です) 
親兄弟や、友達と共に

大好きな草木の中で死ぬのもありかと、思うのです。


地獄から抜け出したいばかりに、

われは、われはと、愛を語るなど、

まるで「蜘蛛の糸」にしがみつく人々の様に

思えてならないからです。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


「蜘蛛の糸」 芥川龍之介


悪事ばかり働いていた男がおりました。、
その男は、人生の中で、たった一度だけ、
蜘蛛の命を救ったことがります。

お釈迦さまは、
蜘蛛の糸をたらして、男に地獄から抜け出すチャンスを
与えます。

ところが、その糸に男以外の沢山の罪人が飛びついてしまい、
糸が切れる事を心配した男は、

「自分だけが助かればいい」と考える。

結局糸は切れて地獄に落ちてしまう。


こんな物語です。



$タンポポライオンのブログ-蜘蛛の糸








戦争のない世界を願う 心のネットワーク

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

[Amebaグルっぽ]



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/12(木) 19:36:31|
  2. 夫のうんちく話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<小さな宇宙人アミへの疑問 | ホーム | 5.11 地震 スペイン>>

コメント

1 ■アッ!

またきちゃいました(*v.v)。

私。。。それよく思うんです☆彡
自分の大切な人やペット達と死んでいけるのならありかも。。。って。
1人生き残っていくってある意味怖いです。

蜘蛛の糸うちにもあるので、久しぶりに呼んでみたくなりました☆彡
  1. 2011/05/12(木) 21:36:29 |
  2. URL |
  3. ぴーる #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:アッ!

>ぴーるさん

いつでもいらしてください!^^

今寝ようと思ったところですが、
ギリギリセーフ(笑)

ええ ええ 人間、往生際が大切です!

精一杯生きて 死にましょう^^

ぴーるさんの元気玉 楽しみにしています。
  1. 2011/05/12(木) 21:41:46 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■無題

ライオンさんが引っかかったとこは、自分も同感っす!そんな理屈なら宗教の勧誘に来る人が言ってることと同じですからね?!それで死ぬってんなら自分は死んでやります(笑)
  1. 2011/05/12(木) 22:31:48 |
  2. URL |
  3. TOBAKUパンク #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■無題

想いは天秤ではかれませんよね。
それぞれが、しあわせを感じられるシチュエーションで命をまっとうできたら最高(^-^)b
  1. 2011/05/12(木) 22:49:33 |
  2. URL |
  3. Ray #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

5 ■わぁい?

こんばんは?♪


同じこと考えてる人みぃつけた(笑)



ですよね?♪


私も
私がスピルチュアルな影響を受けた方から
次元上昇する時、できない人もいるからと言われたこと多々ありですー☆
一時、正直不安にもなったし周りも救いたい!とか(笑)エゴ………(笑)

でも、はて??
それは

愛か?と………
次元上昇は愛の波動じゃないのか??と………
疑問?


今は
大好きな人たち、大事な人たち、みんなと
穏やかで大らかにいられる事が一番大事な気がしてますー☆
だって、私の平和はそこから始まりますもの?♪
だからもし本当に次元上昇が選ばれし人しか出来ず
こぼれる方がいて
なら

大笑いしてこぼれまぁす☆


ヽ(´ー`)ノ


love☆
  1. 2011/05/12(木) 22:55:23 |
  2. URL |
  3. love #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

6 ■無題

おはようございます。その愛のレベルは だれが

測定するんでしょう。選ばれし、人々ってどんな

人達なんでしょうねえ。不思議。小さな宇宙人

アミは 大好きなです。でも 昔に読んだので

ところどころ 忘れています。
  1. 2011/05/13(金) 05:55:37 |
  2. URL |
  3. ikue #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

7 ■仏教用語としての「愛」は

「執着」と同義で使われることが多く、例えば「貪愛(とんあい)」などの表現を用いたりします。
執着を断つことは、仏教の大きなテーマなのですが、執着=悪とみなしているわけではありません。
大乗仏教の思想展開の中では、執着を断つことよりも、執着の方向転換、執着のあり方を変えることが試みられるわけですが(煩悩即菩提)、「愛」の意味を転換させると、当然のことながら、キリスト教の説く「愛」の教えとよく似てきます。
宗教的背景は全く違うのに、つきつめた 結果がよく似てくるところが宗教の不思議なところです。
  1. 2011/05/13(金) 09:48:09 |
  2. URL |
  3. おさむし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

8 ■懐かしいですね、

蜘蛛の糸はお子様にも解り易いよう、教育番組の人形劇という形で放送してますね♪

追い詰められた際に現れる人の本性…それに伴う不幸、反面教師的な作品ですね。

物語の主人公は醜い末路にいたってますが、それも人間なんだなぁ?と感じたりもします。

因みに自分は「100万回死んだ猫」が印象に残っております☆
  1. 2011/05/13(金) 10:27:01 |
  2. URL |
  3. 柳谷真吾 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

9 ■Re:無題

>TOBAKUパンクさん

おお! なんだか友情を感じます^^

宗教にもそういう類の物は有るようですよね。

私も死んでやります(笑)
  1. 2011/05/13(金) 16:48:31 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

10 ■Re:無題

>Rayさん

そうですよね。
天秤にかけられる物は有りません。

精一杯 正々堂々生きて まっとう出来ればそれでよし!ですよね^^
  1. 2011/05/13(金) 16:50:19 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

11 ■Re:わぁい?

>loveさん

おお!とても嬉しいです。
アミは本当に素敵な本ですね。

>愛か?と………
次元上昇は愛の波動じゃないのか??と………
疑問?

ここです!
その通りです。
ここを間違えてしまうと別な所に行っちゃいますよね。

スピリチュアル系の方でも そうだそうだ!
と言ってくださる方は沢山いるでしょう。

皆で素晴らしい未来を築く事は大切ですし、
批判ではないです。

ただ 私は「自分や仲間だけ」 又は「そこに入らなければ、ここまでこなければ」という、
上から目線のエゴが問題なので、

それなら私も笑って落第させていただきます(笑)

アミに好意的な見方をすれば、
救済とは「死」を意味するかもしれませんね。

今回の震災で 沢山の方が
「天に召された」
そうでなければ説明がつきません。

有り難うございます^^
  1. 2011/05/13(金) 17:00:44 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

12 ■Re:無題

>ikueさん

アミは3冊からなっています。
後日また、私も本を読み返して書きます。

レベルは機械で測定していましたが、
宇宙は巨大なコンピュータの様にネットワークがあるので、すぐにわかるらしい・・

本を読んでいない方は、ここだけ聞くと読む気も失せますが、ある意味いい本ですよね。

この本は私はおススメしたいです。
そして感想を皆で話し合ってみたいです。

私なりに疑問点は少なからずありましたので。
  1. 2011/05/13(金) 17:05:31 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

13 ■Re:仏教用語としての「愛」は

>おさむしさん

いつも為になる情報有り難うございます。
結局最終的には似てしまうのですね。

>「執着」と同義で使われることが多く、

知りませんでした。
愛着 生への執着も含まれるのでしょうね。

>執着を断つことよりも、執着の方向転換、

これも勉強になりました。
執着を断つ事を教えているのかと思っていましたが、方向を変える事なのですね。

これについては 新しい情報なので、
少し考えて見たいです。

  1. 2011/05/13(金) 17:10:24 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

14 ■Re:懐かしいですね、

>柳谷真吾さん

そうなんですよね。
そこが人間ですよね。

私達は実際に死ぬほどの飢餓も、
今回の震災のような災害からも幸いにして、
経験せずにいます。

はっきり言って、その状況でどうなるか、
私にも分かりません。
人を蹴飛ばしてでも、生きようとするかもしれません。

だからこそ 死の覚悟は必要なのかもしれませんね。
うまく言えませんが・・


>「100万回死んだ猫」

私は始めて聞きました。
調べて興味が出たら読んで見る事にします。
  1. 2011/05/13(金) 17:17:14 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

15 ■同感です

愛はあったほうが好いしもてるなら持ったほうが言いに決まりです、
でも、恋愛中の二人は愛をお互いにだけ見ていて世界は二人だけのために有るとなります。
愛があまねくちきゅうの裏側にまで注げるという事など最大の偽善でありペテンです。できもしないことができるとして、この世をむちゃくちゃにします。愛があったほうがいいとは誰もが思うことですが、愛はごく身近な人にしかあ絶対に持つ事不可能です、例外的な人が人類の歴史上数人いますが、他の人にとっては、愛を語ることは
行う目的の手段のためにも無意味です。もしくはペテンです。
  1. 2011/05/13(金) 22:29:56 |
  2. URL |
  3. ktnpo #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

16 ■同じですー

次元上昇や波動の変化は体感として感じますが、
一部の方が救済されるという部分はどうも腑に落ちないんです。。
地球、日本が好きだから、何があってもずっとここにいたいです?☆
  1. 2011/05/13(金) 22:59:23 |
  2. URL |
  3. まめたん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

17 ■エゴイズムの破局

漱石が「こころ」で人間のエゴイズムをえがいたのちに、芥川龍之介はそれをさらにすすめました。しかし、あれだけ明確にエゴイズムの破局を表現してみせたのに、人々は単なるお話としか受け取らなかった。だれも世界の破滅を信じなかった。それで自殺したのではないか・・・、なんて想像しています。史記や仏典に出てきそうなお話を、それはそれは今日の3Dゲームみたいに仕上げたのに、何にも伝わらなかったのだから、自分の存在はなきに等しい。でも、いまこうして、ことばが交わる空間があるということは、龍之介の時代よりは、少しは「次元上昇」できたのでしょうか?
  1. 2011/05/14(土) 01:23:22 |
  2. URL |
  3. 孔徳秋水 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

18 ■Re:同感です

>ktnpoさん

おはようございます

>恋愛中の二人は愛をお互いにだけ見ていて世界は二人だけのために有る

電車の中で抱き合うカップルを見て、
不快にならない人は少ないですよね。

セックスも「愛し合う」と表現されます。

親が子供に与える「無償の愛」

花を愛す。 慈愛。

愛にも沢山の捉え方が有るようですが、
愛とは何なのか、永遠のテーマとなりそうです。

最初の愛し合う二人の愛情に関して言えば、
(一般的に知られる愛)
身近な人以外に持つ事は不可能ですよね。
私も同感です。

別な形として、
今回の震災で世界中の人が、日本の事を心配して、沢山の行動を起こしてくれました。
国内でもボランティアの方など多くの人が、
活動しています。

偽善や売名行為も含まれるかもしれません、
自己満足や評価を気にする物もあるかもしれません。

しかし、人や自然に対しての祈り 思い 涙 笑顔
それらは 身近な人に伝わり、広がって地球の裏側まで連鎖はすると思います。
全てを含め、これも愛の一つの形かもしれないとも思うのです。

ktnpoさんは今回 私のブログの内容に対し、
愛のエゴ 愛が世界をむちゃくちゃにする危険性を書いてくださいました。

「盲目な愛する二人」がその後たどるであろう、
略奪愛 愛が生み出す憎しみ 独占愛。

宗教の戦争もそうですが、
愛は沢山の戦争を生み出してきました。

私は何となくですが、思います。

評価 みかえり 満足など自身の欲望を満たす為の物であるならば、それは愛とは程遠いのかもしれません。
実際聖人でなければ難しいですけどね(笑)
しかしそうでありたいと思います。

さらに 金ぴかの偶像 金銭を必要とするならば、明らかにペテンだと私は思ってしまいます。

有り難うございます。

  1. 2011/05/14(土) 07:49:01 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

19 ■Re:同じですー

>まめたんさん

震災で確かに大きく変化しているのを、
私も感じます。

これは私自身の変化と物の見え方に由来する事も大きいように思いますが、
世界中 特に日本では大きな「気づき」
そして良い方向に向かっていると感じます。

「小さな宇宙人アミ」は御幣が生まれるような、翻訳がされている場合も考えられますが、
「一部の人が救済される」
ここに引っかかってどうしても記事に出来ずにいました。

どうしてこんな記事を書いたかといいますと、
私がたびたび記事にする、ルシファー悪魔崇拝、これが世界の権力を握っている訳ですが、
これが目標とする世界統一政府の筋書き(ロックフェラー著)には宗教の統一も進めているからなのです。

別物であるとは思いますが、昨今の2012年ブームには充分注意をしたいです。
  1. 2011/05/14(土) 08:27:20 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

20 ■Re:エゴイズムの破局

>孔徳秋水さん

漱石の「こころ」これも懐かしいです^^

人の心の中に潜む「エゴイズム」は、
人である以上、葛藤していかなければならない物なのかも知れません。
純粋で明晰な人ほど求めれば、それは苦しみさえ伴うもので、自身を自殺まで追い込んでしまうのかも知れませんね。
失望は三島や太宰にしても有ったのでしょう。

はい 少しは言葉を借りれば「次元上昇」しているのだと思います。

少なくとも日本はそうかも知れません。
エゴイズムを抑圧しているだけかも知れませんが・・・

世界に目を向けると、疑問です。

先日書いたインドもそうですし、

今回ウサマビンラディンの殺害でアメリカの90%ほど歓喜したといいます。
デマなら良いのですが・・・

銃殺のはずが顔が潰れた死体 水葬
裁判にもかけられず、簡単に人を殺す事に歓喜する

古き良き 自由の国アメリカ
今や懐かしくも感じます。

日本でも「心は一つ」とマスコミが叫んでいます。

一体私達はどこえ上昇しているのか、
しっかり見据える必要がありそうです。
  1. 2011/05/14(土) 09:08:26 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/566-598b0fd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。