タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガンジー インド デリー 1

今回インド デリーに行ったのは、
ガンジーが居た場所を見るためでした。

私は他の観光地はどうでもよかったのです。

下はインドのお金ですが、もちろん!
ガンジーです。
(正式にはガンディーと発音します)

$タンポポライオンのブログ-ガンジー お金

ガンジーが暗殺された場所は大きな公園になっていました。
入場無料です。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

美しいサリーを着た女性が歩いていて、
景色も整備されて、心地よい所です。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

人はさほど歩いていませんでしたが、
インドの人達がガンジーを敬っているのが、
良く分かります。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

ここで皆、裸足になります。
他の観光地と違い、物乞いや、売りつけを
する人は居ませんでした。

花を買う売店だけです。



少し歩くと 人が集まっています。

あの場所が、ガンジーが暗殺された場所のようです。

$タンポポライオンのブログ-Gandhi

この火は ガンジーの死んだ日以来、
絶やさず燃えているらしいです。

私はガンジーの言葉を思い出しました。
$タンポポライオンのブログ-ガンジー

我々の信念は、

常に燃え続ける灯火でなければならない。

それは我らに光明を与えるだけでなく、

周囲をも照らしてくれる  (ガンディー)

$タンポポライオンのブログ-インド デリー

観光客は少なく、日本人は私達だけのようでした。
サリーを着て、芝の雑草を抜いている女性の
子供でしょうか、楽しそうに遊んでいました。

平和で気持ちのいい場所でした。

ここから少し離れた所にガンジーの資料館が
有るようでしたので、さっそく向かいました。



見たいと思う世界の変化に

あなた自身がなりなさい。(ガンディー)


この言葉を思い出していました。


続く。



戦争のない世界を願う 心のネットワーク

戦争のない世界を願う 心のネットワーク

[Amebaグルっぽ]



人気ブログランキングへブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/16(月) 16:43:14|
  2. ガンジーの言葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガンジー インド デリー 2 | ホーム | 妻です。上原さんの自殺で感じたこと>>

コメント

1 ■うわぁ!

こちらでも、神聖なパワースポットを紹介されていますね。
絶えない炎、すごく神秘的ですね。
  1. 2011/05/16(月) 19:10:25 |
  2. URL |
  3. くうちゃん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:うわぁ!

>くうちゃんさん

こんばんは
そちらのブログではパワースポットの記事を書かれていたんですね^^

ここはガンジーの死んだ場所なのでパワースポットかどうかは分かりませんが、
インドの方の願いや祈りが集まっている場所である事は間違いないですよね。

絶えない炎、インドの方がガンジーの魂を大切にしているのが、私もとても嬉しかったです。
  1. 2011/05/16(月) 19:39:22 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3 ■無題

暗殺された場所なんで暗い雰囲気の場所かと思いきや、そんなイメージをまったく感じさせない所ですね..憩いの場というか..

物乞いがいないのは、彼が偉大な人物であるため誰も聖地を汚さないからでしょうね
  1. 2011/05/17(火) 11:37:56 |
  2. URL |
  3. rubber legs #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4 ■Re:無題

>rubber legsさん

はい ここだけは(笑)

とても綺麗に整備されています。

>物乞いがいないのは、彼が偉大な人物であるため誰も聖地を汚さないからでしょうね

まったくその通り!!です!

インドの人は、ガンジーを、そしてその魂を
敬っているのが、凄くわかります。

私が「ガンジーが好きだ 偉大だ」と言った後の、ドライバーのサービスが大きく変わりました(笑)

宗教上、全ての人がガンジーを尊敬している訳ではありませんが、
イギリスの侵略から、非暴力で国を取り返したという誇りは、インドの人々の胸に深く刻まれているのでしょう。

それが有るから、どんな貧困にも耐えていけるのかも知れません。
それが、欧米を退けた罰として、イジメにあっているとしてもです。
  1. 2011/05/17(火) 19:31:47 |
  2. URL |
  3. タンポポライオン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tanpopolionnatti.blog67.fc2.com/tb.php/570-b301ad4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。