タンポポライオンのブログ (ダークサイド)

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。 心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

尖閣諸島・竹島問題を煽る欧米の工作に騙されるな

尖閣諸島・竹島問題を煽る欧米の工作に騙されるな


2012/08/27号 VOl.188


最近、北朝鮮が平和外交へと積極的に乗りだしていることを受け、アメリカ
を支配する欧米の特権階級らがアジア諸国の連携を妨げる工作を開始した。

先日の尖閣諸島を巡る騒動もまた、その一環である。欧米勢は、彼らの息の
掛かった工作員や現地の血気盛んな活動家たちにお金を払って香港から尖閣
諸島の魚釣島へと出航させた。この時、「民間団体の中国人活動家」ら14名
のうち7名が魚釣島に不法上陸したとされているが、2010年9月に「中国漁船
衝突事件」が騒がれた際にも述べたように、尖閣諸島には既にアメリカ軍の
ミサイル基地が建設されているため、武器すら持たない一般の人間がアメリカ
の許可もなく上陸できるわけがない。そして次の筋書き通りに、今度はその
「中国人活動家」の動きに触発された日本人が同じく魚釣島に上陸し、日中
両国に更なる波紋を広げる…。しかし、こんな浅はかな猿芝居に本当の右翼や
愛国者たちが騙されることはない。

この茶番劇を仕込んだ欧米勢や長年この勢力に追従してきた下請け連中は、
これまで封印してきた歴史の真実が明るみに出ることを とても恐れている。
例えば元某暴力団幹部(既に引退している北朝鮮系の人物)によると、以前
アメリカと北朝鮮政府との間で『アジアの悪役を北朝鮮が引き受けるのならば、
それと引き換えにアジア地域の覚醒剤や偽札流通(スーパーK・スーパーノート
など)の利権を譲渡する』などの取引が現実にあったという。
また、『横田めぐみさんは天皇家と遠戚関係にあり、さらには彼女が金正恩(Kim
Jong-un)の生母である』との情報が世間に広く知れ渡れば、それこそ戦後の
歴史のウソが連鎖的に崩れ始める。



【 日本人拉致事件 】

先週、北朝鮮系の情報源らがホワイトドラゴン関係者に、次のようなエピソード
を語っていた。

まずベトナム戦争の際、北朝鮮は欧米の帝国主義を倒そうと共産国側(東側)
に付いてベトナムへと特殊部隊を派遣していた。この時、アメリカの捕虜と
なった北朝鮮部隊の兵士たちは青酸カリで自殺を図ることになっていたが、
それでも死にきれない兵士たちもいたという。当時、その北朝鮮人捕虜を尋問
した人物によると、彼らは『大東亜共栄圏建設のために戦っているのだ』と
真剣に答えていたそうだ。
大東亜共栄圏とは、『アジアを欧米諸国の植民地支配から解放し、共存共栄の
新たな国際秩序を建設しよう』という、第二次世界大戦時に大日本帝国が打ち
出していた構想である。つまり、当時の北朝鮮にとって第二次世界大戦はまだ
終わっていなかった、ということ。そして、その北朝鮮の考えは今に至っても
変わらず、欧米の帝国主義や戦争利権に反発する精神は消えていないという。

また同情報源らは『三島由紀夫は、能登半島で発生した北朝鮮工作員による
日本人拉致事件の現場で石川県警が北朝鮮側に協力している光景を映像で目撃
していた』と語る。それを見た三島は激怒し、その映像を当時の官房長官で
あった保利茂や石原新太郎などに見せに行ったという。しかしながら、その
映像を目の当たりにした当時の石原は『見なかったことにする』と三島に言い、
そのため 石原は当時からあまり拉致問題に関して言及していない、と情報源ら
は指摘する。

同情報源らは拉致問題に関してさらに、『現在、横田めぐみさんは北朝鮮でも
最高位レベルの地位が与えられ、金正恩がスイスに留学した際には同行して
身の回りの世話を任されていた』との情報を寄せている。
これらの情報をだいぶ前からつかんでいた海外諜報機関の間でも『2人は実の
親子なのではないか』と囁かれていたのだが、信頼する複数の情報源たちも
また、やはり横田めぐみさんが金正恩の実母だと語る。現在、北朝鮮は彼女を
金王朝の国母(皇太后:天皇の母)として世間に公にしたい旨を日本政府に
打診しているのだという。他にも、『横田めぐみさんの母・早紀江さんの家系
を辿ると、めぐみさんは天皇家の遠縁にあたる』など、多くの情報を明かして
くれた。



【 尖閣・竹島問題の真実 】

これから日本と北朝鮮が関係を深め、国交樹立に向けて動き出せば、こうした
類の極秘事項が次々と日本国民の知るところとなる。そうなれば、ナチス、
パパブッシュ、大日本帝国の残党、北朝鮮、日本の一部暴力団…などの繋がり
が ようやく見えてくる。そうして、日本の警察、検察、やくざ、似非右翼が、
ナチの残党と連携して覚醒剤の密輸や拉致、偽札(スーパーKなど)の流通など
に深く関わっていた事実も明らかにされるだろう。

また、ナチスが戦後に行った悪質な対日工作も暴かれていく。特に、ナチ勢力、
一部の日本の政治家、オウム真理教、地下鉄サリン事件や311核・津波テロの
関係は、必ず明るみに出される。長年に渡ってこの勢力に加担してきた中曽根
康弘、小沢一郎、石原新太郎、小泉純一郎などは、日本国民の恥として後世に
名を残すことになるだろう。その時には勿論、韓国の李 明博(イ・ミョンバク
/Lee Myung-bak)大統領もまた、同じくナチに従属する売国奴であることが
暴かれることになる。

しかしそうした状況を恐れる勢力が今、必死になって竹島や尖閣諸島といった
トラブルを捏造して煽っている。さらに欧米勢は、日本にある北朝鮮団体:
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)と在日朝鮮人である池田大作が運営する
創価学会が 北朝鮮の今の親日体制と連携しないよう、『生活保護の不正受給で
稼いだ150億ドルをみずほ銀行が年率5%で運用している 』というネタを両団体
に突き付け、欧米の息のかかった警察を動かして圧力を掛けているのだという。
また、『以前に日本勢が独自にお金を調達する計画を立てていたが、サスーン
財閥(Lord Sassoon)により止められた』という話も寄せられてきている。
そのため、日本や韓国の裏権力へのお金の流れは、依然として欧米勢力に握ら
れている。

しかし、こうした彼らの必死な状況は、ある意味で彼らのパニック状態の表れ
ともいえる。ただし、ペンタゴン・中国軍・ロシア軍の各上層部が互いに 戦争
を避ける方針を固めている以上、彼らがどんなに騒ぎを起こしても戦争が勃発
することはありえないし、真実が世間に噴出していくことも止めることは出来
ない。

-------------------------

以上の情報源らによると、ヨーロッパの独裁を図ろうとしてきた勢力が 今度は
朝鮮半島もしくは中国の満州地域(中国東北部)に新しい国家を誕生させよう
と急速に準備を進めているという。これについては、以前からロスチャイルド
一族の人間が自ら述べていた計画の内容と一致する。自らがヨーロッパを追わ
れる時が来ることを恐れ、欧米勢のヒステリックな動きは中近東(シリア、
イランなど)やアジア(領土問題など)において次第に活発になってきている。

これには、彼ら最大の利権である貨幣製造の大元:米連銀や欧州中央銀行、
日本銀行を含む中央銀行制度(民間運営による)が脅かされつつある状況が深く
影響している。彼らにとって最も気がかりなのは、ケネディ暗殺やインドネシア
のスカルノ失脚の真相解明にも繋がる金融裁判の準備が着々と進んでいることだ。
優秀な弁護士団がグリーン・ヒルトン・メモリアル(Green Hilton Memorial)
条約などの資料を携え、さらにはペンタゴンやアジア結社、ホワイトドラゴン、
ロックフェラー一族などの支持を得て裁判を始めようとしている。
(ロックフェラーは新体制側についた方が得策であると判断したようだ。)

秋に向けて、たくさんの事柄が一斉に動き始めた。人類が解放される日も
近づいている。

                   Benjamin Fulford
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/08/29(水) 17:06:41|
  2. 闇の話

プロフィール

タンポポライオン

Author:タンポポライオン
タンポポライオンのブログ

タンポポとライオンは、ボブマーレーの本、 (ライオンのうた)のナッティーから付けました。心の波動を広げてバビロンに勝つという本です。強く思う事、願う事でタンポポの様に心が広がり、繋がっていくと信じています。 Love&Peaceに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
心の波動 (23)
911テロ 自作自演 (21)
rock'n'roll (55)
歴女 妻のブログ (31)
日々思う事 (106)
何かがおかしい (36)
らいおんのうた (4)
マスコミ TV GOD (23)
闇の話 (100)
日本の文化を取り戻そう (16)
戦争 (42)
デジタルな音 (3)
夫のおいたち話 (12)
夫のうんちく話 (30)
食品 ワクチンの危険 (43)
原発 核兵器 核燃料 (64)
マザーテレサの言葉 (7)
奇跡のサプリ MMS2 飲んでみた日記 (18)
アメリカ人と仕事をしてみて (11)
妻の考え (35)
大好き沖縄 (7)
心霊体験 (3)
大好きネパール (4)
仕事について (2)
ガンジーの言葉 (8)
バッチ! タンポポライオン  (9)
妻の読んだ本 (3)
未来の技術 (6)
侵略の歴史 (5)
地震 (12)
インド・ネパールの旅 2011 (11)
小さな宇宙人アミ (1)
地球 (0)
地球の悲鳴 (5)

FC2カウンター

online

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。